« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の22件の記事

2014年1月26日 (日)

リーガルのクマさん

クマです.

年末にsugenekoの家にやって来ました.

140126 リーガルクマの顔
140126 リーガルクマの顔 posted by (C)スゲネコ

 

年末にリーガルショップで靴を買ったらプレゼントされました.

ということで部屋に飾っています.

くまっ sign03

140126 リーガルクマ
140126 リーガルクマ posted by (C)スゲネコ

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

山グッズ アーリータイムズ イエローラベル ポケットボトル 200ml

先日の記事「山グッズ JIM BEAM 200ml」の最後に追伸で書いた「アーリータイムズ イエローラベル ポケットボトル 200ml」をネットで見つけたので早速買って見ました.

ご覧の通り,本体もペット製 scissors

140119 アーリータイムズ裏ラベル
140119 アーリータイムズ裏ラベル posted by (C)スゲネコ

 

先日紹介したジム・ビームと二つ並べてみるとほぼ同じ大きさです.

140119 アーリータイムズとジムビーム
140119 アーリータイムズとジムビーム posted by (C)スゲネコ

 

2つ並べて底から見たところ.

アーリータイムズ(上)の方が背中側の側面がやや凹んでいるので,ズボンのお尻ポケットに入れたときなどフィットしそう.

140119 アーリータイムズ・ジムビーム 底面
140119 アーリータイムズ・ジムビーム 底面 posted by (C)スゲネコ

 

外見上の大きな違いは,そんなところでしょうか?

山に持って行くにはどちらが使いやすいか?

実際に使って試して見たいと思います.

夏が待ち遠しいです.

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

御岳山〜日の出山を縦走してきました その5 (2012/10/22)

思いっきり間が空いてしまいましたが前回の続きです.

 

日の出山の山頂の東屋でお昼にすることにしました delicious

今回は,ホットケーキと御岳山山麓のケーブルカー乗り場で買った燻製たまご,そしてお湯を沸かしコーヒーを飲むことに.

121022 1129 パンと燻製玉子とコーヒー
121022 1129 パンと燻製玉子とコーヒー posted by (C)スゲネコ

 

こちらが今回初めて使うプリムスのガスストーブ(コンロ)P-173です.

121022 1127 ガス
121022 1127 ガス posted by (C)スゲネコ

 

コンロに愛用のエバーニューのコッヘルをセット.お湯を沸かします spa

ゴトクが大きいこともありコッヘルの安定性も良い感じ.

一人用より二人用にピッタリのセットかもしれません.

ソロの日帰りではオーバースペックオーバースペックかもしれません.

121022 コンロにかけたエバーニューのコッヘル@日の出山
121022 コンロにかけたエバーニューのコッヘル@日の出山 posted by (C)スゲネコ

 

パン食の時によく買う,もちっとホットケーキ.

美味しいだけでなく,ペープルシロップとマーガリンで糖分と脂肪も摂れるのがgood good

121022 もちっとホットケーキ@日の出山山頂
121022 もちっとホットケーキ@日の出山山頂 posted by (C)スゲネコ

 

燻製たまごも美味しゅうございました shine

121022 燻製たまご@日の出山山頂
121022 燻製たまご@日の出山山頂 posted by (C)スゲネコ

 

食べながら下山路を確認.

今日は、日の出山からほぼ真東の滝本に下り,つるつる温泉なる温泉で温まる予定.

121022 1151 地図@日の出山山頂
121022 1151 地図@日の出山山頂 posted by (C)スゲネコ

 

東屋付近からの眺望.

怪しいですが,下山は写真の右側方向でしょうか?

121022 1153 山頂からの風景
121022 1153 山頂からの風景 posted by (C)スゲネコ

 

食器等をパッキングしたマックパックのザックをチェック.

121022 1153 マックパックザック
121022 1153 マックパックザック posted by (C)スゲネコ

 

足下を確認.今日もノースフェースのトレッキングシューズです.靴紐を締め直します.

121022 1153 ノースフェース山靴
121022 1153 ノースフェース山靴 posted by (C)スゲネコ

 

最後に日の出山の三角点の写真をパチリ.

121022 1156 三角点
121022 1156 三角点 posted by (C)スゲネコ

 

下山路を確認.

12時ジャストに下山開始です.

121022 1200 下山方向道標
121022 1200 下山方向道標 posted by (C)スゲネコ

 

頂上付近の石垣階段を下ると直ぐにこんな風景になりました.

121022 1202 日の出山下山口付近登山道
121022 1202 日の出山下山口付近登山道 posted by (C)スゲネコ

 

少し開けた道沿いに背の低いセンブリが沢山咲いていました.

121022 1203 センブリ
121022 1203 センブリ posted by (C)スゲネコ

 

ツルリンドウの花を見つけました.

可愛い.

121022 1205 ツルリンドウの花
121022 1205 ツルリンドウの花 posted by (C)スゲネコ

 

道中の御岳山の七代の滝〜天狗岩間では赤い実がなっていましたが,こちらにはつぼみも残っていました.

わずかですが標高が高く涼しいのかもしれませんね.

121022 1205 ツルリンドウのつぼみ
121022 1205 ツルリンドウのつぼみ posted by (C)スゲネコ

 

長くなりましたので今日はここまで.

 

<今回の区間成績>

日の出山(11:22着 昼食 12:00発)

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

リンドウの花と果実@三ッ森北峰 in 2013

昨秋,三ツ森北峰という標高1,202mの山梨県の山に2回登り,山頂でリンドウを見ました.

こちらは10月27日の様子.

ほぼ満開でした.

リンドウというのは茎が直立して咲くのかと思っていましたが,ここでみたものは斜めというか垂れるように茎を伸ばしていました.

花が沢山ついているので重たいのかもしれませんね.

131027 リンドウ@三ッ森北峰
131027 リンドウ@三ッ森北峰 posted by (C)スゲネコ

 

お花のアップ.

晩秋に人知れず咲く様子は清楚そのもの.

ぷっくらしたつぼみも可愛いです.

雄ずい先熟(同じ花では初め雄しべが熟しその後雌しべが熟すので同じ花の花粉で種子が出来ない仕組み)なんですね.

131027 リンドウの花アップ@三ツ森北峰
131027 リンドウの花アップ@三ツ森北峰 posted by (C)スゲネコ

 

こちらは12月8日の様子.

一ヶ月半ほど経ち,すっかり地上部が枯れていました.

131208 枯れたリンドウ@三ッ森北峰
131208 枯れたリンドウ@三ッ森北峰 posted by (C)スゲネコ

 

果実のアップ.

判りづらいですが,くちばしのような果実の先端が二つに開いて小さな種子を飛ばしていました.

来年も沢山咲いて楽しませて欲しいです.

131208 種子散布期のリンドウの果実@三ッ森北峰
131208 種子散布期のリンドウの果実@三ッ森北峰 posted by (C)スゲネコ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

キャット・コレクション 140

ひさびさのキャット・コレクションはショルダーバッグ shine

カラーはナチュラル(アイボリー),赤,青の3色がありました.

にゃん,にゃん,にゃん,にゃん,にゃんと5にゃんズが可愛いです lovely

ナチュラルが良かったのですが山で使うことを想定して買ったので青色にしました fuji

でも,ちょとサイズが大きくショルダーも長い・・・ weep

山に持っていって使い勝手を見ますが,下界用にしようかな?

131215 I'm a catlover ショルダーバッグ
131215 I'm a catlover ショルダーバッグ posted by (C)スゲネコ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

めん創桜花の限定麺 2012〜2013年+2014/01/12

神奈川県内 つけ麺の繁盛店 (繁盛店シリーズ)という本に掲載されている,つけ麺店を巡る「神奈川つけ麺紀行」シリーズ noodle

便の良いところは大方行き尽くしてしまい暫く記事をご無沙汰しています sleepy

毎週食べに出かけると確実にデブリそうなのもあるのですけどね coldsweats01

行きつけの「めん創桜花」では時折限定品が出ます bell

ふと思い立って,めん創桜花の限定麺の写真をまとめてみます.

全て食べているわけではありませんので念のため.

 

【2014年】

○ 1月11-13日限定 「旨!味噌らぁめん」

140114 旨!味噌らぁめん
140114 旨!味噌らぁめん posted by (C)スゲネコ

 

【2013年】

○ 12月21-23日限定 「冬の味噌つけそば」

131221 冬の味噌つけそば
131221 冬の味噌つけそば posted by (C)スゲネコ

 

○ 11月23-24日限定 「限定!美味しい塩らぁめん」

131124 限定! 美味しい塩らぁめん
131124 限定! 美味しい塩らぁめん posted by (C)スゲネコ

 

○ 10月12-14日限定 「つけDEイタリアーノ」

131013 つけDEイタリアーノ
131013 つけDEイタリアーノ posted by (C)スゲネコ

 ※ 写真,ボケボケですね coldsweats01

 

○ 7−9月頃の夏の限定第一弾 「冷やしつけそば」

130818 夏の限定つけそば冷やしつけそば
130818 夏の限定つけそば冷やしつけそば posted by (C)スゲネコ

 第二弾のぶっかけも食べた気がするけど写真が見当たりませんでした.

 

○ 1月27-28日限定 「限定つけそば 肉祭り〜あつもり〜」

 肉祭り(2013/01/26)

 

【2012年】

○ 5月27-28日限定「カレーつけ」と夏限定「夏期限定!! 涼風つけそば〜彩いろどり〜 温泉玉子付」

 めん創桜花の限定つけ麺 (7月1日の記事)

 

○ 2月12-13日限定「つけ DE イタリアーノ 焼きチーズのせ」

 とある日曜日(20120212)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

2013年11〜12月に読んだ本

11〜12月は年末〜師走のためか,余り読み進みませんでした.

もう少し読んだ気もするけど,忙しくて忘れてしまいました coldsweats01

 

 

○ 毒草師 パンドラの鳥籠 高田崇史著 306p.朝日新聞出版

 一瞬,烏龍茶か?と見間違うタイトルから想像するのは難しいですが浦島太郎伝説を扱っています.QEDシリーズ同様に,浦島太郎の真実?に迫る考察も事件を解決するストーリーも楽しめる一粒で二度美味しい構成は,高田氏の真骨頂ですね.詳しい感想は次回読んだときに confident

 

○ インフェルノ (上)  (海外文学) ダン・ブラウン著,越前敏弥訳 330p.角川書店

 インフェルノ,早速買いました.ダン・ブラウンの著書は大好きです.ミステリアスな出だしから一気に読ませます.とっても面白かった sign03 詳しい感想は次回読んだときに confident

 

○ インフェルノ (下) (海外文学) ダン・ブラウン著,越前敏弥訳 329p.角川書店

 上巻で思い描いていたストーリーが,まんまと下巻で期待を裏切られ,一気にラストまで読ませるのは流石です.面白い sign03 上巻にはちゃんと伏線やヒントが色々書かれているので,読み返しても面白いです.今後,ラングドンモノの続編が出るとしたら,どんな展開になるのか?チョット楽しみです.詳しい感想は次回読んだときに confident

 

○ シーボルト―日本の植物に賭けた生涯 石山禎一著 281p.里文出版

 シーボルト事件や鳴滝塾で有名なシーボルト.この本は彼をプラントハンター及び園芸業者?の視点から追っています.幕末から明治にかけて様々な日本の植物がヨーロッパに渡り園芸界に影響を与えたことがうかがい知れます.個人的に日本でもっと栽培されても良いのではないか?と思う日本の野生植物にシーボルトが着目しているのがちょっと嬉しかった.詳しい感想は次回読んだときに confident

 

○ 天皇陛下 科学を語る  朝日新聞出版編,宮内庁侍従職協力 141+97p.朝日新聞出版

 陛下ご自身の記念講演等のスピーチや論文の抜粋なども載っています.陛下の御誠実な人柄や真摯に分類学に向き合う研究者の姿勢が伝わってきます.なにより,この方はバリバリの分類学者なんだということが良く判りました.また,何処かで科学史は専門ではないと断っていらっしゃった気がしますが,日本の分類学に関するスピーチの内容は大変よくまとまっている上に鋭い指摘も有り勉強になりました.陛下の公務や祭祀がどのくらい忙しいのか知るよしもありませんが,それらの合間にここまで丁寧かつ慎重な内容の論文を長年にわたり多数執筆されているのは人並み以上の努力と忍耐があったのだと拝察します.凄いなと感服するとともに,分類学が本当にお好きなんだなと思いました.

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

川崎大師で今年も御護摩の修行を行いました(2014/01/18)

奇しくも昨年と一日違いとなりましたが,今年も川崎大師で御護摩の修行をしてきました run

 ○ 川崎大師で御護摩の修行をしてみました(2013/1/19)

 

朝9時の回に参加.

早かったためか昨年とは違い正面に座ることが出来ました shine

ラッキー scissors

母の健康と色々と自分のお願い事をお祈りしました catface

140118 川崎大師御護摩
140118 川崎大師御護摩 posted by (C)スゲネコ

 

修行ののち,参道で昨年と同じ海苔煎餅を食べながらブラリング shoe

140118 手作りおかき
140118 手作りおかき posted by (C)スゲネコ

 

お店には色んなモノが並んでいます.

招き猫も沢山御鎮座 cat

にゃう,にゃう,にゃう.

140118 招き猫
140118 招き猫 posted by (C)スゲネコ

 

こちらはキティちゃんダルマ.

ちょっと欲しかったかも eye

140118 キティだるま
140118 キティだるま posted by (C)スゲネコ

 

ソーラーでお手々が動きます sun

電脳招き猫といったところ?

140118 招き手招き
140118 招き手招き posted by (C)スゲネコ

 

寒かったのでブランチは前回同様,松月庵で天ぷらうどんを食しました noodle

エビはぷりぷり,うどんはコシがあり美味しく頂きました delicious

140118 松月庵の天ぷらうどん
140118 松月庵の天ぷらうどん posted by (C)スゲネコ

 

こちらがお授け頂いたお札.

母は昨年と同じく健康長寿をお願いしましたが,願いがより一層強く叶うよう昨年より大きなものをお授け頂きました.

母が何時までも元気で健康でありますように happy01

自分は昨年と同じサイズ.

昨年は開運満足をお願いしましたが,今年は心願成就をお願いしました.

今年こそ宝くじ一等前後賞とTOTO一等賞が当たって家を建て直し猫まみれでやりたいことに没頭できる生活が出来るようになりますように happy01

よろしくお願いします sign03

140118 御護摩
140118 御護摩 posted by (C)スゲネコ

 

こちらは自分用の御守り.

お財布に入れようと思います.

もちろん,昨年お授け頂いたお札や御守りは大師様にお礼と共にお納めしてきました.

140118 川崎大師御守り
140118 川崎大師御守り posted by (C)スゲネコ

 

家族のおみやげのくず餅,そして死んだ父の好きだったごま煎餅.

二つとも仏壇にお供えしました.

140118 くず餅とごま煎餅
140118 くず餅とごま煎餅 posted by (C)スゲネコ

 

父の遺品の御朱印帳にも御朱印して頂きました.

140118 川崎大師御朱印
140118 川崎大師御朱印 posted by (C)スゲネコ

 

こちらは帰りの電車の乗り換え時にホームで運試しに買った宝くじ.

一等前後賞が,当たりますように、当たりますように、当たりますように dollar

140118 宝くじ
140118 宝くじ posted by (C)スゲネコ

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

猿田彦神社を参拝しました その2(2011/09/18)

前回の続きです.

境内社の佐瑠女神社の由来書きです.

天の岩戸神話で有名な天宇受売命が御祭神なのですね.

「佐瑠女」=「さるめ」は「猿田彦大神の女」の略「猿女」でしょうか?

110918_8

 

車道を背にして猿田彦神社の拝殿の方を向いて建っていました(参道の軸線からはずれている).

猿田彦神社が古殿地にあったときの向きは不明ですが,なんか入り口で見張っている感じ.

確か猿田彦の奥さんになったはずなので仲良く拝殿が並んでいても良いように思うのですが,最後は仲違いをしたのでしょうか?

110918_9

 

額縁には神社の名前が示されていました.

同じ敷地にある猿田彦神社の額縁は「猿田彦大神」と神様のお名前でした.

どういう法則性があるのでしょう.

110918_11

 

こちらは佐瑠女神社の神紋のようですね.

鶴かな?

110918_10

 

猿田彦神社の敷地に建つ控殿?

お守りなどの授与はこちらで頂きます.

110918_12

 

早速,ご朱印を頂きました.

達筆ですね.

すばらしい.

120501_6

 

御朱印帳は丹後籠神社のもの.

120501_7

 

籠神社の御朱印帳の記事で書きましたが,この御朱印帳のはじめの見返しには猿田比古大神が描かれていました.

籠神社,外宮,内宮に続き猿田彦神社でご朱印を頂戴しました.

道中安全御守護と書かれていますが,ここまで無事にお参りできましたので感謝.

改めてみて気がつきましたが,神様がお持ちの枝は対生する三出複葉のようです.

大好きなミツバウツギと同じです.

実際には何の木をかたどっているのでしょうね.

120501_8

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

2013年10月に読んだ本

2013年10月は少しペースダウン.

民俗学・歴史系?でそろえました.

 

○ ふるさとの生活 (講談社学術文庫) 宮本常一著 235p.講談社

 常一先生が戦後?間もなくに子供向けに書かれたものだそうです.最近,シカやイノシシ等と人との軋轢が問題になっていますが,江戸時代にも農家の人たち獣たちと戦っていたという記録が載っていてビックリしました.詳しい感想は次回読んだときに confident

 

○ 神道と風水 戸矢学著 365p.河出書房新社

 素人にも判りやすいように全体的に理由や具体例を豊富に入れて欲しかったです.余り類書が無いと思うのでチョッピリ残念.東西方向の聖地の並びだけで無く,フォッサマグナ沿いの南北方向に近い配列や風水にちなんだ聖地の配列が存在するという主張(これも具体的に何という神社,古墳等が配列するのか記述して欲しかった)は興味深かった.

 

○ 聖書考古学 - 遺跡が語る史実 (中公新書) 長谷川修一著 237p.中央公論新社

 そもそも聖書をよくよく読んだことが無いのですが事実かと思っていたことも意外に根拠が無いことを知りました.読後の感想は次回読んだときに confident

 

○ 新装版 猿丸幻視行 (講談社文庫) 井沢元彦著 444p.講談社

 読んだのは二度目かな? 暗号解読の部分が結構面白い.読後の感想は次回読んだときに confident

 

○ 毒草師 QED Another Story (講談社文庫) 高田崇史著 256p.講談社

 チョットおどろおどろしい内容です.読後の感想は次回読んだときに confident

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

猿田彦神社を参拝しました その1(2011/09/18)

そもそもの遅筆に加え,昨年半年程ブログが開店休業であったこともあり,書きたいことがだいぶたまっています.

本来なら同じ旅・山行は時系列に沿って書き進めるべきですが,そうもいっていられないので書き終わっている(終わった)記事から少しでもアップしていきたいと思います.

ということで,今回は2011年9月に行った伊勢紀行から猿田彦神社参拝の記事です.

 【関連記事】

  ○ 伊勢志摩の旅 予告編(2011/ 9/18-19)

  ○ とんこつラーメン 金星@伊勢市(2011/ 9/18)

  ○ 初詣

 

おかげ横丁の興奮冷めやらぬなか,猿田彦神社を参拝いたしました.

内宮にごく近いのに摂社や末社等ではなく伊勢神宮とは独立した神社のようです.

110918

 

由来書?を見ると元々は猿田彦大神がおられて,あとから天照大神(神宮)がこられたようですね.

記紀神話的には天孫降臨の際に待ち構えていて道案内をしたのが猿田彦大神とされるので整合性がとれています.

110918_2

 

入り口を守っていた阿吽の狛犬.

110918_3 110918_4

 

拝殿です.

古い神様ですが境内は意外にこじんまりしていました.

かつては手前にある柵付近を中心に神殿があったそうです.

国道23号線と御木本道路という車道に接しますが境内は静かなたたずまいでした.

110918_5

 

拝殿の額縁です.

四文字に見えますが実は五文字で「猿田彦大神」と書かれているようです.

110918_7

 

2つ上の写真の柵の中にあった古殿地を示す石碑です.

方位石というそうです.

この位置にかつての御神座があったそうです.

現在の拝殿は車道が近くを通ったので立て替えの際に奥に御遷宮をされたのかもしれませんね.

24方位が刻まれています.

さすが猿田彦大神.

110918_6

 

次回は御敷地に祀られている佐瑠女神社(さるめじんじゃ)をご紹介します.

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

2013年9月に読んだ本

9月の最初の一冊は大好きなホームズもの,しかも大好きな作家高田崇史の著著から始まりました.そのためかどうか,今月は高田氏の著書が多くなりました.Quod Erat Demonstrandum coldsweats01

 
 

○ QED ~flumen~ ホームズの真実 (講談社ノベルス) 高田崇史著 251p.講談社

 QEDシリーズでは3冊目に既に「ベーカー街の問題」としてシャーロキアンものが出ています.高田氏は思いっきりシャーロキアンなようです.氏の作品が好きなのはその為かな? ちなみに,ホームズものに重ね合わせるとすれば,ホームズがタタル,ワトソンが奈々,熊つ崎はレストレードといったところでしょうかね. 読後の感想は次回読んだときに confident

 

○ QED 神器封殺 (講談社文庫) 高田崇史著 491p.講談社

 何度も読み返している本書.袋とじという造本上のアイディアといい,そこに隠されている内容といい何回読んでも,とっても面白い.個人的に精度は やや劣るが同様のことを知っているし,海外でも偶然そのような例を見いだしたことがあります.ヒトは何を思い時代や場所を越えて態態そのような労力をかけてきたのか? 大変興味深いテーマと思います.詳しい感想は次回読んだときに confident

 

○ 蔵書の苦しみ (光文社新書) 岡崎武志著 251p.光文社

 積ん読状態になっている女子の古本屋 (ちくま文庫)の著者の書いた一冊.本が本棚からあふれかえっている身としては,うんうんそうだよねぇ,へぇそうなのかぁ,などと一々感じいりつつ読んでしまいました.読後の感想は次回読んだときに confident

 

○ 古本買いまくり漫遊記 北原尚彦著 269p.本の雑誌社

 地方に行ったときなど似たようなことをすることがあるのでチョッピリ共感が持てました.読後の感想は次回読んだときに confident

 

○ バス・ラプソディー 三浦修著 208p.つり人社

 バス釣りの古き良き時代のお話.読後の感想は次回読んだときに confident

 

○ カンナ 飛鳥の光臨 (講談社文庫) 高田崇史著 334p.講談社

 高田氏の著作は専らQEDシリーズを読んできましたが、ここではじめてカンナシリーズを手に取りました.蘇我馬子=聖徳太子を扱うテーマにとて も興味をひかれますが,QEDシリーズに比べチョット テンポが軽くて続編を買おうかどうか迷います.読後の感想は次回読んだときに confident

 

○ QED 式の密室 (講談社文庫) 高田崇史著 234p.講談社

 著者の高田氏はシャーロキアンという.高田氏をコナンドイルに例えるなら物語の主人公である桑原崇はシャーロック・ホームズに例えることが出来る (ちょっと強引ですかね).そのため?かどうか漢方薬局に勤めているにもかかわらずタタルは植物に弱いようである.205ページに公園に生えていた植物についてのやりとりがあり,タタルが幾つかの植物の名前を挙げている.しかし,タタルの例示する「ヨメナ」,「きんぽうげ」が東京のど真ん中の神宮前の公園に自生 し,1月の初めに容易に識別できる状態で存在しているとは思えない(自生していたとしても地上部が枯れているのではないか?).そもそも,漢方薬局に勤めているのに植物名がカタカナ書き(「ハルジオン」,「ヨメ ナ」)と平仮名(左記の種以外の「たねつけばな」,「からすのえんどう」など)というのもいかにもアンバランスである.漢方薬局でどう呼ばれているか不明で あるが一般的に植物名はカタカナ書きである.外来種と在来種で書き分けかと思いきや,外来種のハルジオンと在来種のヨメナがカタカナ書きで,その他の在来種が平仮名書きというのはアンバランスであろう.本書の参考文献に植物名に関する文献は無い.ドイルはファンから内容の不備や矛盾を指摘されても,わざと改訂しなかったものと考えられるが,これがイギリス流のフェア・プレイというものかと,新潮文庫版ホームズ・シリーズの訳者である延原謙氏はシャーロック・ホームズの思い出の解説で言っている.高田氏が上記の植物の問題に気がついていたか定かではないが,文庫化に当たりドイルの精神を汲んであえて訂正しなかったとしたら興味深い.

 な〜んて,シャーロキアンの研究ちっくに書いてみました.さしずめ,今回のにタイトルを付けるとすれば,熊つ崎の205ページの発言にもじって「雑草の研究」といったところかな?

 

○ QED 六歌仙の暗号 (講談社文庫) 高田崇史著 587p.講談社

 QEDシリーズでは神器封殺とともに大好きな本書.何度も読み返しています.傑作ですね.言霊と政争激しい時代の和歌の深み・凄みについては,本当にそうだったのではないかと思えてきます.詳しい感想は次回読んだときに confident

 

○ クマムシ博士の「最強生物」学講座: 私が愛した生きものたち 堀川大樹著 190p.新潮社

 個人的に生物系の読み物で一番いけてると思う本=傑作は「進化論を愉しむ本 (別冊宝島 45)」ですが,本書もかなり面白いし,いけています.知り合いの名前が載っていてビックリしました. 読後の感想は次回読んだときに confident 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

sugenekoもかくありたい

お正月休みが終わったと思ったら嬉しい三連休でした note

今日からまたお仕事ですね.

皆さん頑張りましょう shine

といいつつ,にゃんズの皆さんのように日々過ごしたいです.

宝くじ様ぁ〜,toto様ぁ〜,はやく一等をsugenekoにお願いしますにゃぁ〜〜〜〜っ sign03

140113 1:12の週@猫川柳カレンダー
140113 1:12の週@猫川柳カレンダー posted by (C)スゲネコ

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

2013年8月に読んだ本

2013年7月に読んだ本に引き続き昨年8月に読んだ本をご紹介.

暑さのためか余り冊数を稼ぐことができませんでした.

相変わらずの統一性のなさ.

好奇心の赴くままか,乱読の極みか?

大分間が空いてしまったので,当時感想を書かなかった本はタイトルのみ紹介.

将来読んだときに感想を書きたいと思います.

 

 

○ 昭和30年代の「意外」な真実 (だいわ文庫) 武田知弘著 255p.大和書房

 今につながる様々な文化の根源の一部が昭和30年代にあったことを知ることが出来ました.色々問題があったとは思いますが,もはや戦後ではないとされ,世界に追いつけ追い越せと頑張ってゆこうという夢や希望を持てる時代であったことは確かなようで,実際に当時世界に誇れる東京タワーや新幹線等を次々に完成させ,復興の集大成とも言える東京オリンピックを成功させた事実は,何となく閉塞感のある今日から見てチョットうらやましい気分になります.また,戦争中や終戦直後の苦労や痛みや死の恐怖等のマイナス面も知っていることが,ある程度の節度を持ち,人や社会を思いやる心につながっていたのではないかとも思いました.平和や贅沢に浸りきって奢ってしまっているので少し反省です.

 追伸:東京オリンピックが決まりました.次のオリンピックに向け,私たちは何が出来るのか? 昔の人たちに恥ずかしくないようにしたいですね.

 

○ 日本維管束植物目録 邑田仁・米倉浩司著 379p.北隆館

 2013年5~6月に読んだ本で紹介した維管束植物分類表の 前に出た関連本.シダ植物以上の外来植物を含む日本産植物の学名全リスト.読むと言うよりはリストを眺めました.命名者名の省略形も国際基準で統一されて いるようでとても便利.著者の米倉さんの見解や新組み合わせ等(正式発表前のもの含む)も載せられていてとても勉強になりました.米倉さんって凄い人だと 関心.

 

○ ヤマト王権と十大豪族の正体 物部、蘇我、大伴、出雲国家造家・・・・・・・ (PHP文庫) 関裕二著 276p.PHP研究所

 時たま買ってしまう関氏の本.なるほどと思うところもありますが一部は記紀をネタに小説を紡いでいるように思えてしまうところもあります.詳しい感想は次回読んだときに confident

 

○ 対談 杉浦日向子の江戸塾 杉浦日向子著 219p.PHP研究所

 大好きな杉浦本.今回は古本屋で買った本書を読みました.幾つかのテーマについて色々な方との対談集.編集されてもいるのでしょうが,(江戸っ子 らしい?)歯切れの良い文章のやりとりが書かれているので読みやすくあっという間に楽しく読破.所々書かれている女性の経済(活動)的な自立については網 野喜彦先生のお考えに通ずる部分があるように思え興味深く読みました.文化や風俗・風習というのは一人の視点で書かれると見方やそれに伴う内容が偏り勝ち になる恐れがあるので,こういった対談形式で他者の疑問や質問にも答えていくというアプローチはとても良いのかなと思いました.

 

○ 人類誕生から大和朝廷までの700万年史 (PHP文庫) 日本博学倶楽部著 299p.PHP研究所

 3冊連続でPHP研究所の本(特に意味はありません).文庫本なのに,ちょっと無理があるんじゃ無いかと思うタイトルにひかれ買ってしまいました.読後の感想は次回読んだときに confident

 

○ はるか南の海のかなたに愉快な本の大陸がある 宮田珠己著 238p.本の雑誌社

 本好き・雑学好きには心惹かれる内容です.読後の感想は次回読んだときに confident

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

山グッズ JIM BEAM 200ml

今回の主役はジム・ビーム(バーボン,お酒です)の200ml PET製ボトル.

用途はもちろん宿泊する山行の夜の必需品お酒入れ.

以前にも話題にしていて,ターキーで早とちり山グッズ ナルゲンのフラスコ (2013/03/17)で紹介した,ワイルドターキーの200mlビン(ガラス製)とナルゲンのフラスコ(本体PET製)340mlを紹介していました.

いずれも大きさ・重さ・強度の点で一長一短が有り,200mlサイズのPET製ボトルを探していたところ,ようやく見つけたのがコレ happy01

140111 JIM BEAM 200ml
140111 JIM BEAM 200ml posted by (C)スゲネコ

 

ターキー,ナルゲンと並べてみます.

大きさ的にはビームが一番小さくてグッド good

140111 スキットル3つ
140111 スキットル3つ posted by (C)スゲネコ

 

ご覧の通り,ビームには探していたボトルがPET製のマークが shine

ところで,ターキーとビームは同じ容量200mlですが・・・

140111 ターキーとビームの裏書き
140111 ターキーとビームの裏書き posted by (C)スゲネコ

 

2つ並べてみると結構大きさが違います.

実際微妙に容量が違う可能性もありますが,本体の材質による強度の違いによるのかも知れませんね.

200mlなら軽さと大きさでジム・ビームに軍配ありです,

140111 ターキーとビーム ビン2つ
140111 ターキーとビーム ビン2つ posted by (C)スゲネコ

 

 

最後に,まだ山行自体を記事に出来ていませんが,ターキー@大菩薩連嶺縦走一泊二日,ナルゲン@立山・剣岳二泊三日での様子をレポート.

 

まずは大菩薩連嶺縦走で泊まった湯ノ沢峠避難小屋でのターキーのビンの様子.

まだ時間が早かったので,小屋にあった椅子をテーブルに外で一杯 wine

近くの水場で汲んだ水をチェイサーとして大きなマグカップに入れ,ターキー自体は小さなカップ.

オイチイ happy02

明るかったので本を読みつつチビチビやりました.

暗くなるまで飲みましたが量は十分余裕でした.

一泊二日には200mlで十分ですね.

ガラス製なので割れないか気になりましたが,重い分,結構分厚いので丈夫そうです.

今回のジム・ビームのビンの方が軽くて一回り大きさが小さいので実際的ですが,ターキー好きにはターキーのビンとラベルが捨てがたい魅力も・・・

130707 ターキースキットル@湯ノ沢峠避難小屋
130707 ターキースキットル@湯ノ沢峠避難小屋 posted by (C)スゲネコ

 

こちらは剱沢小屋の夕食とナルゲンのフラスコ.

この晩は美味しい夕食と共に飲んだあとは,小屋で知り合いになった他の登山者の方達と.

翌晩は雷鳥荘では,夕食後に知り合いになった他の登山者の方達と.

どちらの宿も電気があるので遅くまで色々話をして,ついつい飲み過ぎましたが,二晩でも飲み切ること無く事足りました.

本体自体は軽くて容量も沢山入るので連泊にはこちらが良い感じ.

下の写真では取り外していますが,ポリカーボネート製のスリーブは嵩が張るのと意外に割れやすそうなので,山使いで付けるかどうかは悩むところです.

130813 ナルゲンのフラスコ@剱沢小屋の夕食
130813 ナルゲンのフラスコ@剱沢小屋の夕食 posted by (C)スゲネコ

 

まとめると,一泊二日は200mlで十分なので,三択ならジム・ビームのビンがイチオシ,荷物を極力少なく軽くしたいテント泊でなければ少し重くともターキー好きのこだわりでターキーのビンを選らんでも良いかと.

連泊や複数人で行く一泊二日ならナルゲンのフラスコですが,ポリカーボネート製のスリーブを付けるかどうかは今後の課題です.

 

追伸:書き終えたところで,ネットでアーリータイムズにイエローラベル ペットボトル200mlというのがあるのを知りました.今度はこちらも買って使い比べてみたいと思います.

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

2013年7月に読んだ本

大分間が空いてしまいましたが昨年2013年7月に読んだ本をご紹介.

この月は比較的沢山の本を読むことが出来ました.

大分間が空いてしまったので当時書いた感想がない本はタイトルのみ紹介.

将来読んだときに感想を書きたいと思います.

 

 

○ ウイルス・プラネット (飛鳥新社ポピュラーサイエンス) カール・ジンマー著・今西康子訳 207p.飛鳥新社

 この月は何故かウイルス本からスタート.人に病気をもたらすウイルスの話題が多いですが,紹介されている12個のFileの話題は多岐多様で知らなかった知見も多く飽きさせません.Fileを上手くつなげ,最後のプロローグとなるミミウイルスの話題でウイルスとは何か?,その起源は?を考えさせるのはお見事.著者紹介を見るとアメリカで人気のあるサイエンスライターだそうでナショジオなどにも寄稿しているそうです.もちろん訳者の力量も大きく左右しているのでしょうが,とても判りやすく書かれ,あっという間に読了できました.訳本で「進化」大全進化――生命のたどる道も出ているようなので機会があったら読んでみたいと思います.

 

○ 激走! 日本アルプス大縦断 密着、トランスジャパンアルプスレース富山~静岡415㎞ NHKスペシャル取材班著 315p.集英社

 一昨年(2012年),NHKで見て感動したTJAR(トランスジャパンアルペンレース).とうとうというか,やっぱり書籍が出ました.TJAR,TVを見るまで存在すら知りませんでしたが,2年に一度,7日間(予備日を入れ8日間)という期間内に,富山湾の海岸から北アルプス,中央アルプス,南アルプスを自分の足だけで踏破し駿河湾の海岸に至る(約415km)というとんでもないレースです.しかも宿泊は全て野営.完走できるだけで奇跡のようなレースですが,TV同様感動しつつ選手の方々とゴールを踏みました(=読破しました).放送のDVD「NHKスペシャル 激走! 日本アルプス大縦断 ~トランスジャパン・アルプス・レース~ [DVD]」も出ているので見ていない人は読んでから見るか見てから読むかということになりますが,個人的には先に映像を見た方が読んでいて荒れた天候や現場での選手たちの切迫感がよりリアルに感じることが出来て良いと思います.ちなみにレコードは2010年大会の5日間5時間22分だそうです.人間ってすごいですね.

 追伸:今年2014年はTJARの開催年です.今年も楽しみです.TJARのサイトはこちら

 

○ 福岡ハカセの本棚 (メディアファクトリー新書) 福岡伸一著 228p.株式会社メディアファクトリー

 書店で様々な著作が山積みされる人気の福岡先生.実は今まで一冊も読んだことがありませんでしたが,とても読みやすく一気に読破.とても幅広いジャンルを闊歩される読書家であることを知りました.読んだことのある本,本屋で見かけて気になった本,積ん読状態の本,この本を読んで読んでみたくなった本などなど,様々な本に出会うことが出来ました.こういった人が使っている本棚とか本の整理術も是非知りたいです.

 追伸:書き終えてから,この本はとても上手く本の紹介をしていることに気がつきました.何時かこんな風に読んだ本の内容をよく深く理解した紹介が出来るようになりたいと思いました.

 

○ 出雲と大和――古代国家の原像をたずねて (岩波新書) 村井康彦著 252+10p.岩波書店

 読後の感想は次回読んだときに confident

 

○ 命を救った道具たち 髙橋大輔著189p.株式会社アスペクト

 著者が,実際に或いは精神的に命を救ってくれた(る)探検グッズについて語っていく本.必ずしも個人的な趣味である登山で役立つ道具ばかりが載っているわけではありませんが興味深く読破しました.個人的にはスイススパイスのソルト&ペッパーケース,ガスマスクバッグMkVIIが欲しくなりました.ガスマスクバッグMkVIIは,映画インディ・ジョーンズ シリーズでハリソンフォード扮するインディの三種の神器とも言える持ち物(ムチ・帽子・ショルダーバッグ)のうちのバッグの原型となったものだそうです.

 著者はロンドンにある英国の王立地理学会とニューヨークにある米国の探検家クラブの会員だそうです.シャーロキアン風に言えば憧れのロンドンにあるシャーロックホームズ協会やニューヨークにあるベイカー・ストリート・イレギュラーズに相当する団体なのかもしれませんね.

 

○ ナメクジの言い分 (岩波科学ライブラリー) 足立則夫著 111p.岩波書店

 フジツボ―魅惑の足まねき (岩波科学ライブラリー)クマムシ?!―小さな怪物 (岩波 科学ライブラリー)を世に出した岩波科学ライブラリーの一冊.2010年10月に読んだ本でも紹介したゲッチョ先生のナメクジ探検記とは違った魅力がありました.詳しい感想は次回読んだときに confident

 

○ 大人の男のこだわり野遊び術 (ヤマケイ文庫) 本山賢司・細田充・真木隆著 349p.山と渓谷社

 読後の感想は次回読んだときに confident

 

○ ハイブリッド日本 文化・言語・DNAから探る日本人の複合起源 (東アジア叢書)  上垣内憲一著 221p.武田ランダムハウスジャパン

 全体として文章にチョット癖があるので読みづらい(理解しづらい)ところがある.前半は少し内容が浅いが,後半は色々参考になりました.詳しい感想は次回読んだときに confident

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

猫らしさ?

ここ数年使っている猫川柳カレンダー.

140106 猫川柳カレンダー2014
140106 猫川柳カレンダー2014 posted by (C)スゲネコ

 

母も喜んだ昨年のカレンダーの最後の一句と,今年のカレンダーの最初の一句.

猫らしさ?を上手く詠んでますね cat

140106 猫川柳カレンダー新旧
140106 猫川柳カレンダー新旧 posted by (C)スゲネコ

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

2013年の山行の様子

昨年はブログ容量の関係で半年程休眠状態でした coldsweats01

その間登った山の記事がアップできていませんが昨年の山行の記録をまとめてみました.

昨年は週末の天気が悪いことが多く,山行率が余り高くありませんでした.

それでも28回登山し,うち3回は山中泊,3,000m以上の山行が2回,登頂した山頂が95座など,結構盛りだくさんになりました.

高尾山〜陣馬山縦走を何度かしています.一昨年の初縦走の頃は途中で足が痛くなって体力的にもやっとでしたが,いまでは足をさほど痛めることも無く5時間を切るまでになりました.

登頂した山は,地図に照らせば実際には通過したはずなのに現地で山頂を確認できなかった山もあるので,実際には100座を越えていると思います.

2012年版同様,まずはカレンダー順に山行毎の記録を,その後に登頂した山毎の記録を,それぞれ整理してみました pencil

登頂した山には縦走中に登頂した山も極力含めて整理.

見直すのに便利なように記事があるものはリンクを貼りました.

山行の記事が完成していない場合は,とりあえず予告編等も含めリンク pc

実は2012年の山行もまだ記事に出来ていません.

頑張って記事にして今後の山行に出来るようにしたいと思います.

 

【2013年の山行】

○ 1月6日  高尾山〜陣馬山縦走(高尾山口駅から登り陣馬高原下バス停へ下山:東京都・神奈川県)

 一富士二猫三白馬シモバシラ?の霜柱

 

○ 2月10日 鶴巻温泉駅〜吾妻山〜念仏山往復(鶴巻温泉駅より往復:神奈川県)

 里山をまったりハイキング(2013/02/10)

 

○ 2月16日 日向〜阿夫利神社下社〜高取山〜吾妻山縦走(日向薬師バス停より登り鶴巻温泉駅へ下山:神奈川県)

 低山ハイクのつもりが雪(2013/02/16)

 

○ 2月23日 青梅駅〜榎峠往復(青梅駅から往復:東京都)

 トレラン気分で青梅丘陵を縦走してきました(2013/02/23)

 

○ 3月3日 高尾山〜陣馬山縦走(高尾山口駅から登り藤野駅へ下山:東京都・神奈川県)

 すっぽんぞうすいを食す(2013/03/03)

 

○ 3月10日 筑波山(筑波山神社から登りつつじヶ丘へ下山:茨城県)

 筑波山に行って来ました 予報 (2013/03/10)

 

○ 3月16日 伊豆ヶ岳(正丸駅から伊豆ヶ岳に上り吾野駅へ下山:埼玉県)

 伊豆ヶ岳に登ってきました 予報 (2013/03/16)

 

○ 4月14日 棒ノ嶺〜黒山〜岩茸石山〜惣岳山(上日向バス停より登り御嶽駅へ下山:東京都)

 

○ 4月28日 奈良倉山〜坪山縦走(鶴峠バス停から登り御岳神社前バス停へ下山:山梨県)

 奈良倉山〜坪山を縦走してきました 予告編 (2013/04/28)

 

○ 4月29日 倉岳山〜高畑山縦走(梁川駅から登り鳥沢駅へ下山:山梨県)

 倉岳山~高畑山を縦走してきました 予報 (2013/04/29)

 

○ 5月4日 本社ヶ丸(笹子駅より登り笹子駅へ下山:山梨県)

 

○ 5月6日 笹子雁ヶ腹摺山(笹子駅より登り甲斐大和駅へ下山:山梨県)

 

○ 5月25〜26日 甲武信ヶ岳〜破不山〜雁坂峠(西沢渓谷入口バス停より登り西沢渓谷入口バス停へ下山・甲武信小屋泊:山梨県)

 

○ 7月7〜8日 大菩薩連嶺縦走(上日川峠バス停より登りへ甲斐大和駅へ下山・湯ノ沢峠避難小屋泊:山梨県)

 

○ 7月21日 仙丈ヶ岳(北沢峠から往復:山梨県)

 

○ 8月13日 立山三山縦走(室堂より登り剱沢小屋へ:富山県)

 今年もよい年でありますように

 

○ 8月14日 剱岳(剱沢小屋より登り雷鳥荘へ:富山県)

 

○ 9月14日 高尾山(高尾山口から往復(稲荷山コースを上り自然研究路6号路を下る):東京都)

 

○ 9月21日 高尾山〜陣馬山縦走(高尾山口駅より登り藤野駅へ下山:東京都・神奈川県)

 

○ 9月29日 高尾山〜陣馬山縦走(高尾山口駅より登り藤野駅へ下山:東京都・神奈川県)

 ちょっと失礼

○ 10月12日 三頭山〜浅間峠笹尾根縦走(都民の森より登り上川乗バス停へ下山:山梨県)

 

○ 10月14日 権現山〜扇山 南北縦走(初戸バス停より登り鳥沢駅へ下山:山梨県)

 

○ 10月27日 権現山 東西縦走(用竹バス停より登り小寺バス停へ下車:山梨県)

 

○ 11月2日 御前山(藤倉バス停から陣馬尾根を登り鋸尾根から奥多摩駅へ下山:東京都)

 

○ 11月17日 浅間峠〜生藤山〜陣馬山(棡原中学校入り口バス停より登り藤野駅へ下山:山梨県:東京都・神奈川県)

 

○ 11月23日 奈良倉山〜松姫峠〜鶴寝山〜大マテイ山〜小菅の湯(姫峠バス停より登り小菅の湯へ下山:山梨県)

 奈良倉山から大マテイ山へ縦走してきました 予報 (2013/11/23)

 

○ 11月30日 日の出山(日向和田駅より登り金毘羅尾根を下り武蔵五日駅へ下山:東京都)

 日の出山に登ってきました 予報 (2013/11/30)ねこ神社?

 

○ 12月8日 三ッ森北峰(杉平入口バス停から鋸尾根で往復:山梨県)

 

 

【2013年に登頂した山頂(上記の再掲)】

高尾山(599.0m:東京都):1月6日,3月3日,9月14日,9月21日,9月29日,11月3日

城山(小仏城山)(670.3m:東京都・神奈川県):1月6日,3月3日,9月21日,9月29日,11月3日

景信山(727.1m:東京都・神奈川県):1月6日,3月3日,9月21日,9月29日

堂所山(731m:東京都・神奈川県):1月6日

陣馬山(藤野町十五名山 854.8m:東京都・神奈川県):1月6日,3月3日,9月21日,9月29日,11月17日

吾妻山(125m:神奈川県):2月10日(2回),2月16日

念仏山(357m:神奈川県):2月10日,2月16日

高取山(556.3m:神奈川県):2月16日

三方山(454m:東京都):2月23日(2回)

雷電山(494m:東京都):2月23日(2回)

辛垣山(457m:東京都):2月23日

筑波山(百名山・日本百景・関東の富士見百景 877m:茨城県):3月10日

小高山(720m:埼玉県):3月16日

五輪山(標高不明:埼玉県):3月16日

伊豆ヶ岳(850.9m:埼玉県):3月16日

古御岳(830m:埼玉県):3月16日

高畑山(695m:埼玉県):3月16日

中ノ沢ノ頭(中ノ沢頭・イモグナの頭)(622m:埼玉県):3月16日

棒ノ折山(棒ノ嶺)(969m:東京都・埼玉県):4月14日

黒山(842.3m:東京都・埼玉県):4月14日

逆川ノ丸(雨沢山)(841m:東京都):4月14日

岩茸石山(高水三山 793.0m:東京都):4月14日

惣岳山(高水三山 756m:東京都):4月14日

奈良倉山(大月市秀麗富嶽十二景 1,349m:山梨県):4月28日,11月23日

坪山(1,102.7m:山梨県):4月28日

倉岳山(山梨百名山・大月市秀麗富嶽十二景 990.1m:山梨県):4月29日

天神山(876m:山梨県):4月29日

高畑山(大月市秀麗富嶽十二景 981.9m:山梨県):4月29日

清八山(大月市秀麗富嶽十二景 1,593m:山梨県):5月4日

本社ヶ丸(山梨百名山・大月市秀麗富嶽十二景 1,630.8m:山梨県):5月4日

角研山(1,377m:山梨県):5月4日

笹子雁ヶ腹摺山(山梨百名山・大月市秀麗富嶽十二景 1,357.7m:山梨県):5月6日

米沢山(1,357m:山梨県):5月6日

お坊山(1,421m or 1,430m?:山梨県):5月6日

東峰(お坊山東峰)(1,421m:山梨県):5月6日

大鹿山(雨沢ノ頭)(1,236.1m:山梨県):5月6日,7月8日

木賊山(2,468.6m:埼玉県・山梨県):5月25日,5月26日

甲武信ヶ岳(日本百名山 2,475m:埼玉県・山梨県):5月25日

破風山(西破風山)(山梨百名山 2,317.7m:埼玉県・山梨県):5月26日

東破風山(2,260m:埼玉県・山梨県):5月26日

雁坂嶺(山梨百名山 2,289.2m:埼玉県・山梨県):5月26日

熊沢山(1,978m:山梨県):7月7日

小金沢山(雨沢の頭)(山梨百名山・大月市秀麗富嶽十二景 2,014.3m:山梨県):7月7日

牛奥ノ雁ヶ腹摺山(大月市秀麗富嶽十二景 1,995m:山梨県):7月7日

川胡桃沢ノ頭(1,940m:山梨県):7月7日

黒岳(1,987.5m:山梨県):7月7日

白谷丸(1,920m:山梨県):7月7日

大倉高丸(山梨百名山・大月市秀麗富嶽十二景 1,781m:山梨県):7月8日

ハマイバ丸(破魔射場丸・ハマイバ)(大月市秀麗富嶽十二景 1,752.0m:山梨県):7月8日

大谷ヶ丸(1,643.8m:山梨県):7月8日

コンドウ丸(1,392m:山梨県):7月8日

小仙丈ヶ岳(2,855m:山梨県・長野県境):7月21日

仙丈ヶ岳(日本百名山 3,033m:山梨県・長野県境):7月21日

雄山(日本百名山 3,003m:富山県):8月13日

大汝山(日本百名山 3,015m:富山県):8月13日

真砂岳(2,861m:富山県):8月13日

別山(2,874m:富山県):8月13日

北峰(別山北峰)(2,880m:富山県):8月13日

一服剣(2,618m:富山県):8月14日(2回)

前剣(2,813m:富山県):8月14日(2回)

剣岳(日本百名山 2,999m:富山県):8月14日

三頭山東峰(奥多摩三山 1,527.5m:東京都):10月12日

三頭山中央峰(奥多摩三山 1,531m:東京都):10月12日

三頭山西峰(奥多摩三山・山梨百名山 1,524.5m:東京都・山梨県):10月12日

大沢山(1,482m:東京都・山梨県):10月12日

槇寄山(1,188.2m:東京都・山梨県):10月12日

丸山(1,098.3m:東京都・山梨県):10月12日

土俵岳(1,005.2m:東京都・山梨県):10月12日

雨降山(1,177m:山梨県):10月14日,10月27日

権現山(1,311.9m:山梨県):10月14日,10月27日

扇山(山梨百名山・大月市秀麗富嶽十二景 1,137.8m:山梨県):10月14日

麻生山(1,267.5m:山梨県):10月27日

三ッ峰北峰(1,202m:山梨県):10月27日,12月8日

大寺山(1,226m:山梨県):10月27日

惣岳山(1,348.5m 東京都):11月2日

惣岳山(1,348.5m 東京都):11月2日

御前山(奥多摩三山 1,405.5m 東京都):11月2日

クロノ尾山(1,179m 東京都):11月2日

鞘口山(1,142m 東京都):11月2日

鋸山(1,109m 東京都):11月2日

熊倉山(966m 東京都・山梨県):11月17日

三国山(960m 東京都・山梨県・神奈川県):11月17日

生藤山(藤野町十五名山 990.3m 東京都・神奈川県):11月17日

茅丸(藤野町十五名山 1,019m 東京都・神奈川県):11月17日

連行山(連行峰)(1,016m 東京都・神奈川県):11月17日

大蔵里山(大ゾウリ山)(837m 東京都・神奈川県):11月17日

醍醐丸(867m 東京都・神奈川県):11月17日

高岩山(800m? 東京都・神奈川県):11月17日

鶴寝山(1,368m:山梨県):11月23日

大マテイ山(山沢入)(1,409.2m:山梨県):11月23日

三室山(646.9m:東京都):11月30日

高峰山(高峰)(755m:東京都):11月30日

日の出山(902.0m:東京都):11月30日

麻生山(794m:東京都):11月30日

金毘羅山(468m:東京都):11月30日

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

ちょっと失礼

気がつくと土曜日.

明日で 冬休みもおしまいですね.

今日は昨年の山行記録の整理をしていました.

その中から自慢のベストショット?を一枚.

パシャッ!

130929 にゃんこ@小仏城山
130929 にゃんこ@小仏城山 posted by (C)スゲネコ

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

iPhone5Sとスマホカバー

秋に買い換えたiPhoneドS sign03

・・・じゃなかった5S coldsweats01 (ハイ,ここで喜んで頂いた cd 様,ありがとうございます confident).

 

カラーはゴールド shine

140103 iPhone5sうら
140103 iPhone5sうら posted by (C)スゲネコ

 

こちらは表面.

壁紙はiPhone4Sでも使っていたクロヒョウさん

140103 iPhone5sおもて
140103 iPhone5sおもて posted by (C)スゲネコ

 

こちらはスマホカバー.

色々あって悩みましたが,本体の色に合わせ黄色をベースとした,

レオ・レオニのフレデリック(ねずみ)にしました.

140103 フレデリック・カバー
140103 フレデリック・カバー posted by (C)スゲネコ

 

レオ・レオニは絵本作家で,お魚の絵本「スイミー( スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし)」で有名ですね.

作者の名前は知らなくても多くの人は読んだことがあるのではないかと思います.

ちなみに,彼の作品では個人的には以前記事にした(「とある本の歴史〜「レオ・レオー二 平行植物」の場合〜」「松丸本舗@丸善丸の内本店に刺激され色々書いてみる(2012/08/15)」)ことのある「平行植物(平行植物 新装版)」が大のお気に入りです.

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

初詣

皆さん,初詣に行かれましたか?

sugenekoは元日に近くの神社に行って参りました.

昨年,神宮(伊勢神宮)と杵築大社(出雲大社)が御遷宮となりましたね.

未だ記事に出来ていませんが,2011年に参拝した神宮の御遷宮前のお社をアップします.

まだ初詣に行かれていない方,どうぞ.

 

参拝順に,先ずは外宮の豊受大神宮.

110918 外宮
110918 外宮 posted by (C)スゲネコ

 

内宮の皇大神宮.

思えば2011年は東日本大震災がありました.

その為でしょうか,とても沢山の参拝者がおられました.

110918 内宮
110918 内宮 posted by (C)スゲネコ

 

神社境内に入ると,凜とした雰囲気を感じることがあります.

神宮も橋を渡り本殿に近づくにつれ凜とした清冽な雰囲気が強くなった記憶があります.

人々の祈りがそうさせるのか,そういう場所に神社を建てたのか,理屈では無い何かがあるのでしょうね.

 

 何事のおわしますをば知らねども

  かたじけなさに涙こぼるる (西行法師)

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

今年もよい年でありますように

あけましておめでとうございます.

昨年は余りブログの更新が出来ませんでした.

最近忙しくて思うようにならないかもしれませんが,今年はなるたけ更新したいと思います.

こちらは昨年登った富山県の立山から見た北アルプスの峰峰.

130813 立山から見た北アルプスの峰峰
130813 立山から見た北アルプスの峰峰 posted by (C)スゲネコ

 

今年は,このすばらしく厳しい自然の中を縦走して満喫したいと思います.

本年もよろしくお願いいたします.

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »