« お部屋(お家)の片付け | トップページ | めん創桜花の限定面 2014年2月 »

2014年2月11日 (火)

2014年1月に読んだ本

昨日アップした記事「お部屋の片付け」で,蔵書の多さで苦しんでいると書いたばかりで心苦しいのですが,2014年最初の月,以下のような本を読みました.

相変わらずテーマ等無し.興味の赴くままの乱読多読.

活字中毒,継続中.

 

○ 聖徳太子は蘇我入鹿である (ワニ文庫) 関裕二著 285p.KKベストセラーズ

○ 聖徳太子の秘密 「聖者伝説」に隠された実像に迫る (PHP文庫) 関裕二著 251p.PHP研究所

 正月のTV番組か何かで今の教科書には実在が疑われていて聖徳太子という名前が出てこない(少なくとも又の名扱い?)というのをやっていた気がします.触発され,連続して関氏の聖徳太子関連本を読みました.前書は関氏の処女作(1991年発行,1999年文庫化),後書は2005年発行.中身的にはタイト ル通りの過激さで前書の方が正直面白いです.それに比べ後書は太子=入鹿というフレーズ自体殆ど出てこず著者がどうしてなりを潜めたのかの理由を書いて欲しかったと思います.隋の裴世清が来日したときの隋書と日本書紀の記述に違いがあることは聞いていましたが,それ以外にも当時記された書物等の間には色々と矛盾や食い違いがあるようです.実際には原典を読んで確認する必要がありますが,著者の主張するように,この時代には今に続く大和朝廷側が残したくなかった事実があるのかもしれません.

 

○ ニッポン「立ち入り厳禁」地帯 (別冊宝島 2109) 杉山茂勲著 125p.出版社

 なんとういか・・・.こういうの好きです.日本も広いのですね.まだまだ知らないことが沢山.ウソかホントか現代でも怪しい世界が残っているみたいです.

 

○ 人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法 水野敬也・長沼直樹著 158p.文響社

 落ち込むことがあっても,この本を読めば「ニャンとかなる!」かもしれません.猫好きの方は迷わず買うべし sign03

 名言とそれに対応する猫の写真が対になっていますが,どうしてこんなにピッタシなんだ sign02 と思ってしまうような写真が多く,笑ったり,和んだり出来ました.特にお気に入りなのはデブ猫が体重計をのぞき込む「現実から目をそらさない」.拡大コピーして冷蔵庫に貼っています.

 ただし・・・.冒頭,本の扉に「もし道に迷ったら、一番良いのは猫についていくことだ。猫は道に迷わない。」とありますが,この言葉だけはチョッピリ不安です coldsweats01

 

○ 珠玉 (文春文庫) 開高健著 205p.文藝春秋

 開高健の遺作.アクアマリン,ガーネット,ムーンストーンに託された三部作.亡くなったあと直ぐに本を買い,何度も読み返してきた本書.今回,その後に出版された文庫版を久々に読みました.間をおき何度も読んでいると,そのたびに感じることも色々変化してきた気がします.あるいは,そういう意味だったのかと以前は理解できなかったこともチラホラ.

 一作目に出てくるアクアマリンとそれを入れる革袋が欲しくて探したこともありました.酒場の床にまくおが屑,フィッシュアンドチップス,文房清玩・・・.氏の他作品で先に読んだこともあると思いますが,初めの「掌のなかの海」をとっても,色々な言葉自体にも読んだときの思い出があります.

 

○ 東西「駅そば」探訪―和製ファストフードに見る日本の食文化 (交通新聞社新書) 鈴木弘毅著 365p.交通新聞社

 「2010年9月に読んだ本」で紹介した同じ著者のご当地「駅そば」劇場―48杯の丼で味わう日本全国駅そば物語 (交通新聞社新書)の続編的な本です.前書では関東風と関西風の味の境界についての記述がありましたが,本書では関東・関西の駅そばの比較を実際のフィールドワークを元に書かれています.ずっと関東なので,へえといったトリビア的なレベルでも教えられることが多いですが,ちょっとした考察なども入っているのがよいところ.こういった食文化に関する記録は余り活字として記録されていないと思いますので,個人の方の記録とはいえ重要な気がします.

 以前,「とある本の歴史〜「文化麺類学ことはじめ」の場合〜」等で何度か紹介した麺そのものの発生や伝播を世界的に扱った「文化麺類学ことはじめ(現在は改題し「麺の文化史 (講談社学術文庫)」)」同様,楽しい食文化(麺文化)の本としてオススメです.

 

|

« お部屋(お家)の片付け | トップページ | めん創桜花の限定面 2014年2月 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

モエレ邦さん,おはようございます.

相変わらず文学的な本が少なく恥ずかしい限りです.
知識吸収型の性向なのかもしれません.

名将言行録という戦国〜江戸時代の武将の逸話集があります.
如水も恐らく載っていると思います.
何時かは読んでみたいと思っています.

投稿: sugeneko | 2014年2月13日 (木) 07時53分

このように幅広い分野の読書をされると
博識になりますね。

今NHKの大河ドラマの「軍師官兵衛」
を見ていますが、ネットで生い立ちを
広げていくと、歴史に対する興味が湧い
てきます。

曽野綾子の「たまゆら」、夏目漱石の
「三四郎」を読み終えて、男女の差こそ
あれ、心の綾の複雑さを感じています。

投稿: kunityan | 2014年2月12日 (水) 10時23分

Sivaさん,おはようございます.
昨日は部屋の片付けで疲れました.
ブログ記事にも少し書きましたが,学校の教科書でも聖徳太子の扱いが変わっているようです.
鎌倉幕府の開府年とか,その他にも色々変わっているようです.
たまに本屋さんに日本史の教科書?を見かけるので,そのうち買って見ようかと思っています.

投稿: sugeneko | 2014年2月12日 (水) 08時41分

相変わらずすごい読書量ですねcoldsweats02
昔、井沢元彦氏が著書の中で唱えていた
聖徳な太子が何故ゆえに天皇になれなかったのか?
な~んてのがひっかかって今に至ります
色々な視点があって…
書物は楽しいですね

投稿: Siva | 2014年2月11日 (火) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558842/58919918

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年1月に読んだ本:

« お部屋(お家)の片付け | トップページ | めん創桜花の限定面 2014年2月 »