« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の2件の記事

2014年4月30日 (水)

小下沢から北高尾山稜で見た花々(2014/04/20)

今年2回目の山行は1回目同様JR高尾駅北口から徒歩で出発.

今回は高尾山には登らず,高尾山の北側にある中央高速の更に北側を流れる小下沢を登り(西進し),関場峠から北高尾山稜を東進,夕やけ小やけふれあいの里に下りました.

今回は予報ということで,見られた花々を撮影順にご紹介.

 

まずはラショウモンカズラ.

和名は花の形を渡辺綱が羅生門で切り落としたという鬼女の腕に見立てたことにちなむとされています.

羅生門なら「らじょうもん」だろうと突っ込みたくなりますが,学がないので花を見ても命名にはピンときません.

140420 ラショウモンカズラ@小下沢
140420 ラショウモンカズラ@小下沢 posted by (C)スゲネコ

 

なんか美味しそうなので写したホウチャクソウのつぼみ.

食べられるとは聞いたことが無いので食べ無い方が良いですね.

140420 ホウチャクソウつぼみ@小下沢
140420 ホウチャクソウつぼみ@小下沢 posted by (C)スゲネコ

 

カンスゲの花というか果実.

普段は地味で素通りしますが,雨にしっとりと濡れている姿に思わずパチリ.

140420 カンスゲ@小下沢
140420 カンスゲ@小下沢 posted by (C)スゲネコ

 

落椿も沢山ありました.

雨に濡れた姿も良いですね.

140420 落椿@小下沢
140420 落椿@小下沢 posted by (C)スゲネコ

 

ケマルバスミレでよいかな?

花盛りでした.

40420 ケマルバスミレ@小下沢
40420 ケマルバスミレ@小下沢 posted by (C)スゲネコ

 

その他にも,タチツボスミレやエイザンスミレなどが咲いていました.

こちらはタチツボスミレの品種アカフタチツボスミレの葉っぱ.

ご覧の通り赤い筋が入ります.

140420 アカフタチツボスミレ@小下沢
140420 アカフタチツボスミレ@小下沢 posted by (C)スゲネコ

 

ヨゴレネコノメ?は既に実になっていました.

140420 ヨゴレネコノメ@小下沢
140420 ヨゴレネコノメ@小下沢 posted by (C)スゲネコ

 

これなーんだ?

この紋所が目に入らぬか〜の徳川家の家紋三つ葉葵のもととなったフタバアオイの花です.

140420 フタバアオイの花ドアップ@小下沢
140420 フタバアオイの花ドアップ@小下沢 posted by (C)スゲネコ

 

こちらがフタバアオイの葉っぱ.

葉の形だけでなく葉脈も含め三つ葉葵の家紋が想像出来ますね.

140420 フタバアオイの葉@小下沢
140420 フタバアオイの葉@小下沢 posted by (C)スゲネコ

 

ハシリドコロも,こうやって花を撮るとナス科だなと納得できます.

同じナス科でもナスやジャガイモやパプリカは野菜なのに,ハシリドコロやチョウセンアサガオやベラドンナが有毒植物というのは面白いです.

もっともジャガイモの芽が有毒だったりハシリドコロやチョウセンアサガオやベラドンナも用法用量を守れば薬となるので,成分的に近しい間柄なんでしょうね.

140420 ハシリドコロ@小下沢
140420 ハシリドコロ@小下沢 posted by (C)スゲネコ

 

ケシ科のスプリングエフェメラル(春植物),ジロボウエンゴサク,ムラサキケマン,ミヤマキケマンも花盛りでした.

こちらはムラサキケマンの白花品種シロヤブケマン.

ただし花弁の部分に紫色が残るのがポイントで,花全体が完全に白い品種シロヤブケマンと区別されます.

シロヤブケマンは一般的には少ないように思いますが高尾山周辺には沢山あります.

140420 シロヤブケマン@小下沢
140420 シロヤブケマン@小下沢 posted by (C)スゲネコ

 

今まで見た花は小下沢沿いの林道を歩いている時に見かけたもの.

林道も道半ばを過ぎたところで沢沿いところどころに残雪を見てびっくり.

沢沿いとはいえ今日は4月20日.

雪のせいか心持ち花の時期も全体に遅めです.

よっぽど2月の大雪の際に積もったのですね.

140420 雪渓@小下沢
140420 雪渓@小下沢 posted by (C)スゲネコ

 

もうすぐ関場峠というところまで来て,林道の道端に大きなミミガタテンナンショウが咲いていました.

大きさもそうですが仏炎苞の合わせ目の下端に隙間がないので雌株のようです.

140420 ミミガタテンナンショウ@小下沢
140420 ミミガタテンナンショウ@小下沢 posted by (C)スゲネコ

 

小下沢を離れ関場峠に上がると,いよいよ北高尾山稜の尾根に出ました.

左に行くと堂所山を経て奥高尾山稜に合流できますが,今日は峠を右(西)へ戻ることにします.

歩きはじめるとところどころにシュンランを発見.

乾いたところが好きなので尾根に上がって出てくるとはさもありなんです.

しかし高尾山では余り見かけない気がします.

この日見た花は何故か全て斜面の下側を向いて咲いていました.

不思議.

140420 シュンラン花@北高尾山稜
140420 シュンラン花@北高尾山稜 posted by (C)スゲネコ

 

フタバアオイが湿り気味のところが好きなのに対しタマノカンアオイは乾き気味のところが好きなようです.

シュンラン同様,尾根に出たらところどころに出てきました.

140420 タマノカンアオイの花@北高尾山稜
140420 タマノカンアオイの花@北高尾山稜 posted by (C)スゲネコ

 

少ないながらもミツバツツジも咲いていました.

綺麗.

140420 ミツバツツジの類@北高尾山稜
140420 ミツバツツジの類@北高尾山稜 posted by (C)スゲネコ

 

ヤブレガサは文字通り破れ傘状態でした.

140420 ヤブレガサ@北高尾山稜
140420 ヤブレガサ@北高尾山稜 posted by (C)スゲネコ

 

この後,尾根をはずれ夕やけ小やけふれあいの里へ下り,バスで高尾駅まで戻りました.

曇天で一時雨がぱらつく生憎の天気でしたが,出会った植物たちは雨に濡れシットリとした姿がなんとも妖艶で印象でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

2014年3月に読んだ本

3月は増税前の駆け込みで本を買い込みました.

ということで,3月は最近買った本を中心に読みました.

年度末でしたが何故か沢山の本を読むことが出来,感想も丁寧に書くことが出来ました.

毎月このくらいのペースで読んで行けたら良いのにな−.

 

 

○ この国のすがたと歴史 (朝日選書) 網野善彦・森浩一著 237p.朝日新聞社

 網野・森両先生の対談集.古代に於ける柿の研究が進んでいないなど,相変わらず人の生活から多様かつ新たな視点を提示していて読んでいて飽きません.日本に限ったことではないのでしょうが,当たり前の人々の暮らしというのは思った以上に判っていないらしいことを改めて認識しました.感銘と共感を覚えたのはタ イトルの一部と重なる最後の「この国のすがた」の部分.個人的には,かねてから日本(特に古代〜奈良時代)は北米「新」大陸で言うところの西部(開拓時代)と重ね合わせ比較していたので,とても興味深く読みました.古代日本でも例えば大和朝廷による北米大陸のような先住者に対する侵略の歴史や政策があったのでしょう が,和をもって尊しとする先住者,大陸の内乱や混乱を避け日本列島に渡ってきた人の集団の間では,共に苦労をして渡来し生活の場を探し定着した苦労を互い に知り,共存しようとしたことが,今日の日本人の寛容さと地域の多様性を形作ったのではないでしょうか?

 

○ おひとりハウス (家を伝える本シリーズ くうねるところにすむところ) 篠原聡子著 39p.平凡社

 かつて仕事で滞在したインドネシアのゲストハウスは,各人の個室だけでなく自由に使えるキッチン,ソファーのある広々としたオープンスペース,広いプールがあり,ホテル住まいにはない(というかホテル住まいにしなくて良かった)魅力がありました.そのことを思い出し,家を建て直す際に,家族のプライバシー(個室)とコモンスペース(リビングなど)をどう考えれば良いかと思い買った本です.

 コモンスペースを意識し形から入り設計・失敗した集合住宅コルテを,設計者自らが人が集まって住むことを国内外の事例を参考にしながら住む人の視点から改修している過程がまとめられています.もともとは現在増えている独身者や一人住まいの人々の暮らし方にコモンスペースをどう取り入れて潤いのある生活を建築家として提案できるかがテーマであったと思います.奇しくも3月11日にこの本を読みましたが,この本の出版は2011年6月.あとがきの冒頭に東日本大震災のことが述べられています.多くの方が被災し避難し仮設住宅に入りコミュニティーが崩壊しました.おひとりハウスだけで無く,家が存在することの確かさや豊かさ,そしてかつてのような家族の絆を作り育てる場としての家の重要性,建築家として,そういったことを提案していこうという考えが伺われました.

 

○ 道が語る日本古代史 (朝日選書) 近江俊秀著 243p.朝日新聞出版

 こんな本を買う方も買う方だが(失礼),マニアックなタイトルに似合わず素人にもとても読みやすく一気に読了.何故,道がそこに成立したのかを政治や経済から知る良書.思わず古道マニアなになってしまいそうです.

 葛城の道は葛城氏のことを詳しく知らなかったので大変興味深く読むことが出来た.前々から買おうと思って迷っていた「謎の古代豪族 葛城氏(祥伝社新書326)」 を買うことを決意してしまいました.推古朝時代の大和・河内の直線古道の巨視的なデザイン性,国賓を迎えるためという国際性という主張は恐らくその通りと 思うが,昔の人だからといってバカに出来ないという見本がまた一つ増えました(むしろ当時の情報量や技術で考えれば現代より優れているかもしれない).推 古朝の道の整備にも太子と馬子が対になって(というか入れ違いに)登場しますが,これを読むと一人の人物の人生の前半を太子,後半を馬子と書記がかき分け たのではないかと勘ぐってしまいます.また,これらの道が壬申の乱の大きな舞台になっているところに歴史のロマンを感じます.少し時代が下がり,著者は天 武朝と比定する全国に整備された七道駅路.古代において直線的な大道が一気に整備され暫く維持されたことも凄いが,条里や土地区画に伴う税制などトータル な国家運営として考えられていたという著者の考え方は理にかなっていると思うし,古代の人々のスケールの大きさに感動しました.

 

○ 改訂新版 田んぼまわりの生きもの: 栃木県版 (Field guide book) メダカ里親の会編集.制作 140p.下野新聞社

 今はネット通販があるので地方出版物も気軽に購入できますが,書籍の名前を知らなければそれも出来ません.というわけで地方に行ったときはマメに本屋にいって地方出版物を探しています.で,本書も仕事で宇都宮に行ったときに買いました.昔に比べれば減っているのでしょうが,栃木県ではまだまだこんなに沢山の生きものたちがいるんだなぁと,感心すると共に羨ましく思いました.日本人は自然を完全に征服すること無く折り合いをつけて利用して,無意識のうちに生きものたちと一緒に暮らしてきたのだと感じました.

 ウサギ追いしか野山〜 コブナ釣〜りしかの川〜♪ (唱歌 故郷)

 春の小川はサラサラ行くよ〜 岸のスミレやレンゲの花に〜(エビやメダカや小ブナの群れに〜)♪ (唱歌 春の小川)

 

○ 江戸奇品雑記 浜崎大著 79p.幻冬舎ルネッサンス

 奇品(きひん)とは,江戸時代に発達した斑入りや葉変わりなど葉を観賞する鉢植えされた植物のことだそうです.江戸時代には園芸が発達しました. 桜草,朝顔,花菖蒲,伊勢撫子など,愛でる花の部分の品種改良だけに止まらず,葉物の美しさも十分理解が進んでいたのに驚きます.幕末〜明治初期に日本に来た西洋人が驚いた文化・芸術の高さの証といって良いかと思います.「2013年11〜12月に読んだ本」でシーボルト―日本の植物に賭けた生涯を紹介しましたが,たしかシーボルトもアオキの斑入り品を絶賛していた気がします.

 奇品を収集・栽培する好事家をさす言葉に奇品家(きひんか)というそうで,その連(れん:今で言うサークルとか同好会とか研究会みたいなもの)まであったそうです.連やそのメンバーの名前,当時の図録,そして当時知られていた奇品そのものが,文化として連綿と続き現在まで残っているのに驚きまし た.また,盆(はち)ー今で言うところの植木鉢ーの写真(今戸焼きの盆もあってビックリ)も幾つか載せられていますが,盆が日本で作られはじめたのは享保のころ(江戸時代 1700年代)というのはちょっと意外で驚きました.

 ちなみに,あとがきを読むと昨年に江戸東京博物館で開催された「花開く 江戸の園芸」が一つのきっかけとなり出版された本のようです.この展覧会に行くことが出来なかったことが悔やまれます.

 

○ 【バーゲンブック】 図説 邪馬台国物産帳 柏原精一著 95p.河出書房新社

 「あとがき」にもあるが本書は邪馬台国が何処にあり,どんな産物があったかを扱った本ではない.考古学的な問題を総合的に解決する・サポートす る,出版された1992年当時の最新の諸科学の進捗状況を様々な学問や遺物から捉えている.弥生時代にブタが飼われていたとか巴型銅器がスイジガイという 貝をモチーフにしたものだとかという目からウロコ的な知識的も多いが,日本の古代を解明する為に様々な分野の科学的手法を道具として用いられているという 点がとても面白い.最終章「石器 産地と年代を推定する技術」は出版当時でもまだまだ難しかった様子が伺われる.石に限らず,出版から20年以上経ってい るので,その後の学問の進歩や成果を示した続編を出して欲しい.

 追伸:著者紹介を見て,この「○年○月に読んだ本」シリーズで未紹介の「殿様生物学の系譜 (朝日選書)」の編著者であることを知りました.どうりで似た感じがして読みやすかったわけですね.

 

○ テント泊登山の基本 (山登りABC) 髙橋庄太郎著 127p.山と渓谷社

 3月23日,今年初の山行(高尾山)時,行き帰りの電車の中で読みました.グッズ選びにはむきませんが,タイトルの通り,テント山行のハウツーものとしてはコンパクトで写真も多く入門編としては良い本です.今年こそマイ・テント泊デビューしたいです.

 

○ 日本文化の形成 (講談社学術文庫) 宮本常一著 250p.講談社

 常一先生の本を体系的に読んだことはありませんが,本作は遺稿を元に出版されたそうです.その為か読んでいて文章や理論自体の推敲が十分でない点 も多々ありますが,あまたのフィールドワーク・文献から培われ・見いだされ・統合された人の生活・文化に関する多くの見解・示唆・知見・問題提起・疑問等 に満ちあふれた内容になっています.人生の晩年に,まだまだやりたいことが沢山あるのだ,自分でもやりたい,でも後生に託すべき点を伝えたいと思われたの かもしれませんし,その底流には歩けば歩くほど・文献を読めば読むほどに,如何に世の中の身近なところに判らないことが満ちあふれているかをお伝えになり たかったのかもしれません.ふたつ前の邪馬台国物産帳ではありませんが,近年の科学的な解析結果などをお知りになったら,更に色々なことを統合的に考えら れる方だったのかと思うともう少し長生きして頂きたかったと思いつつ読了しました.また,倭・倭人についての中国の古文献について,ここまで正面切って合 理的な会社を句を詠むのは初めてです.

 巻末の「付 海洋民と床住居」は,これだけで出してもいいくらいに大変示唆に富んだ内容で,個人的には別の視点から平安貴族の海との結びつきについて関心があったので大変興味深く,常一先生がより深く考察して頂いていたらと思います.同じく「宮本常一年譜」はとても有益な資料&行動力と執筆力に脱帽です.常一先生の業績は,これだけのフィールドワークと読書量と著作活動と農業や漁業への関わりがあったからこそだということが良く判りました.

 

○ 猫ピッチャー1 そにしけんじ著 141p.中央公論新社

 ピッチャー,ミー太郎,背番号222.可愛くってたまりません.読売新聞日曜版の23コマ漫画のコミック化だそうです.秋発売予定の2巻が楽しみです.待ってるニャ! 公式サイトはこちら

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »