« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年5月の3件の記事

2014年5月19日 (月)

はじめての好陽軒@名古屋(2014/05/18)

TVで麺を覆い隠すメンマを見たことがないでしょうか?

そう,それが好陽軒@名古屋のラーメンです noodle

以前から食べたいと思っていましたが,流石に食麺の為に名古屋まで出かける元気はありませんでした coldsweats01

たまたま中部地方に用事があったので,名古屋で途中下車して好陽軒に行って参りました note

こちらが店構え eye

店内の写真を撮りませんでしたが,整理整頓された店内同様,無駄のない綺麗な外観です shine

140517 好陽軒看板
140517 好陽軒看板 posted by (C)スゲネコ

 

有名店なので夕方の開店時間ギリギリを狙って訪ねました.

10分程経過し入店しましたが幸い先客は2名ほど.

色々メニューがありますが,今回は迷わず竹(自家製メンマ多入り)1,100円をチョイス.

じゃ〜〜ん sign03

伝説?のとおりメンマで麺が見えません happy02

140517 竹
140517 竹 posted by (C)スゲネコ

 

歯ごたえも大変よろしいメンマを堪能しつつ,メンマのベールに隠された麺とスープと叉焼も頂きました.

評判通り,単に奇をてらうお店ではなく,メンマもスープも麺も叉焼も,それぞれが大変美味しいだけでなく調和のとれた味のバランスがありました.

メンマの多さから来る単調さも,カウンターにおいてある自家製?のリンゴ酢や辣油を加えることで更なる味の変化を楽しむことが出来ました delicious

 

整理整頓された店内同様,細かい気配りがなされた丁寧な仕事がなされています.

退店時にご夫婦からかけられる独特のご挨拶を聞きつつ,こういったシンプルな味で直球勝負するのは,日々大変な覚悟と真剣さを持っておられるのか?,それとも日々当たり前のことを当たり前に丁寧勝丹念に仕事をされているのか?と思いつつ,美味しい満足とともにお店を後にしました.

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

鶴ヶ鳥屋山に登ってきました 予報 (2014/04/26)

JR中央線の笹子駅は駅から直接登れる山が沢山あります fuji

なのでGWのような混雑期には長蛇のバス待ちなどの煩わしさがない有り難い起点です good

ということでGW初日は笹子駅から鶴ヶ鳥屋山に登ってきました note

中央線の南には東西に稜線が延びています.

実は昨年のGWに笹子駅から清八峠〜本社ヶ丸〜角研山とこの稜線の西側を攻めました

今回,角研山以東の鶴ヶ鳥屋山に登り初狩駅に降りることにしました.

朝の笹子駅には多くの人たちが降り立ちましたが,多くは滝子山や清八山・本社ヶ丸方面へ向かったようで,宝越えへ向かう同じルートを上ったのはもう一人のみでした.

140426 笹子駅@0733
140426 笹子駅@0733 posted by (C)スゲネコ

 

登り初めの林道の残雪.

北斜面の日影の為かところどころに残っていました.

先日の北高尾でも残雪を見かけましたが,今年2月の大雪は本当に沢山降ったのでしょう.

140426 林道沿いの残雪@0748
140426 林道沿いの残雪@0748 posted by (C)スゲネコ

 

途中で横断した林道の法面に咲くヒナスミレ(多分).

今回も色々スミレ類を見ましたがヒナスミレ(多分)が目立ったように思います.

140426 ヒナスミレ@宝越え手前林道法面0849
140426 ヒナスミレ@宝越え手前林道法面0849 posted by (C)スゲネコ

 

踏破路をつなぐため,今回の稜線の取っつき宝越えから角研山へ往復してきました.

ほぼ一年ぶりの角研山山頂です.

気持ちが良いのでここで一服.

140426 角研山到着@0930
140426 角研山到着@0930 posted by (C)スゲネコ

 

宝越えへの帰りしなに撮影したブナ(イヌブナ?)の芽吹き.

ひこばえの新芽を利用して撮影しましたが,じっくり見ると結構綺麗ですね.

140426 ブナ?芽吹き@角研山宝越え間0953
140426 ブナ?芽吹き@角研山宝越え間0953 posted by (C)スゲネコ

 

珍しくヤドリギの枝が落ちていました.

ヤドリギ状態の時は緑色ですが,落枝すると黄色くなるのでしょうか?

140426 ヤドリギの落枝@宝田越えから鶴ヶ鳥屋山方面0954
140426 ヤドリギの落枝@宝田越えから鶴ヶ鳥屋山方面0954 posted by (C)スゲネコ

 

こちらはブナ(イヌブナ?)の果実.

昨秋はシイ・カシ類のドングリが豊作でしたが,同じブナ科のブナも豊作だったようですね.

140426 ブナ?の実@宝田越えから鶴ヶ鳥屋山方面1020
140426 ブナ?の実@宝田越えから鶴ヶ鳥屋山方面1020 posted by (C)スゲネコ

 

今日の目的地鶴ヶ鳥屋山.

幾つか道標がありましたが一番味のあるものをパチリ.

どなたかが忘れた(落とした)腕時計がかけてありました.

こういう落とし物って,麓まで持ち帰って交番に届けた方が良いのか,このように落とした場所に目立つようにおいておくのが良いのか,ちょっと迷います.

140426 鶴ヶ鳥屋山山頂渋い道標@1031
140426 鶴ヶ鳥屋山山頂渋い道標@1031 posted by (C)スゲネコ

 

山頂で撮影した大好きなアケボノスミレの花.

ちょうど花盛りで稜線近くで点々と咲いていました.

右手(葉っぱ)を挙げて「よう,きたね!」って挨拶してくれてるみたい.

140426 アケボノスミレ@鶴ヶ鳥屋山山頂1050
140426 アケボノスミレ@鶴ヶ鳥屋山山頂1050 posted by (C)スゲネコ

 

鶴ヶ鳥屋山で小休止の後,下山開始.

標高1,000m以下くらいになるとミツバツツジが目立ってきました.

140426 ミツバツツジ@鶴ヶ鳥屋山から下山路1110
140426 ミツバツツジ@鶴ヶ鳥屋山から下山路1110 posted by (C)スゲネコ

 

黒野田林道を越えた登山道沿いで撮影したタチツボスミレ.

点々と咲いています.

春はスミレの季節です.

140426 タチツボスミレ@林道過ぎ1140
140426 タチツボスミレ@林道過ぎ1140 posted by (C)スゲネコ

 

更に麓近くまで下って撮影したヒトリシズカ.

今はヒトリシズカの開花期のようですね.

フタリシズカの花を見かけませんでした.

開花期が違うのでしょうか.

140426 ヒトリシズカ@下山路1152
140426 ヒトリシズカ@下山路1152 posted by (C)スゲネコ

 

登山道から離れ最後はJR初狩駅まで車道沿いを歩きます.

つまらない車道歩きですが新緑の山々や道端の草花が心を和ませてくれます.

こちらは一寸マニアックですがタチタネツケバナ.

140426 タチタネツケバナ@初狩駅への車道沿い1228
140426 タチタネツケバナ@初狩駅への車道沿い1228 posted by (C)スゲネコ

 

車道際のちょっとした草地で見かけたアカネスミレの大株です.

今日も一日楽しい山行になりました.

140426 アカネスミレ@初狩駅への車道沿い1231
140426 アカネスミレ@初狩駅への車道沿い1231 posted by (C)スゲネコ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

中央線の山を歩く

先日,小さな古本市を除いたときに発見 eye

何処かのブログか何かに出ていた記憶があり,ラッキーと心の中で叫びながらゲト shine

帰ってからパラパラめくってみると,高尾山以西の中央線沿いの日帰り可能な山々を,先日一部を踏破した1の北高尾山稜から,107の釜無山まで紹介していました traintraintrain

平成10年初版発行ですが残念ながら絶版のようです.

歩いたことのあるコースを読んでみると,当時に比べ道が整備されていたり,植林された木々が生長したりで,結構様子が違うように思いました.

何時もお世話になっている,「山と高原地図  高尾・陣馬」や「山と高原地図  大菩薩嶺」に載っていない山やコースもあり,今後の山行が楽しみになりました.

もし再版するなら,内容も一新しつつ文庫版で出してくれると山行の御供にもなるのでウレシイですね〜 happy01

140430 中央線の山を歩く(本)
140430 中央線の山を歩く(本) posted by (C)スゲネコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »