2015年5月 8日 (金)

2014年11月に読んだ本

 だいぶ間が空いてしまいましたが,久々のブログ更新は昨年11月に読んだ本の紹介です.

 当時、感想を書き溜めた本はそのままに,書き忘れたものは機会があれば再読時に感想を紹介したいと思います.

 

○ ネペンテスとその仲間たち 食虫植物ハンドブック 土屋寛文著 127p.双葉社

 一度行ってみたいと思っている兵庫県立フラワーセンターの土井氏の著作兼鉢植え個体(栽培品)の写真集.本のタイトル通りネペンの国内で栽培され ている種(産地別,導入由来別なども詳しい)や雑種(作出や海外からの導入由来に詳し)の写真が大変充実していています.サラセニアも充実していて,両属の 国内流通品のカタログ資料的な価値が非常に大きく市販本には類書がなく持っていて損は無いと思います.元気に育つ植物体から氏の卓越した栽培技術が伺えます.欲を言えば本のサイズを大きくしてA4縦版とし,写真を大きくすると共に,写真上に白抜きで入っていてとても読みづらく植物体に重なっている解説を写真の外に出してもらえるとウレシイ+撮影時期がずれ大半のサラセニアが花が散ったあとの写真であるのが惜しいです.鉢植え写真なので,使っている鉢が駄温鉢とプラ性のスリット鉢が多いのが興味深く,株元を地表面にどれだけ出しているか,どのような用土や植え方をしているかが分かり興味深く勉強になります.第二章として簡単にサラセニア,ネペンテス,ハエトリソウ,モウセンゴケ,ムシトリスミレの各属の栽培方法が載っています.興味深いのはサラセニアとネペンの植え方で,用土を落とし根だけに調整した植物体を植え替える鉢の中に片手で持ち,もう一方の手で周りに水苔を詰めると解説されています.個人的には,鉢に入れる前に根を水苔で包んだ株を鉢に入れてから隙間に水苔を詰めるのが普通と思っていました.故鈴木吉五郎氏がハエトリソウの植え替えの極意とした,水苔の茎を縦方向に揃えたものでハエトリソウの株を包み鉢に植える方法があります.この植え方は,鈴木氏らしいく水苔自生地の観察結果に基づいたもので,自然界では水苔は縦方向に延びることをヒントに,より自生地に近い環境を再現すべく編み出したとも聞きます.想像ですが,土井氏の植え方は同じコンセプトで水苔を縦に揃えようとする技法かもしれません.一度話を伺ってみたいものです.その他,病害虫対策に関する記述は,薬剤を使わない身としては未知の部分も多く大変勉強になりました.

 

○ 伊礼智の「小さな家」70のレシピ (エクスナレッジムック) 伊礼智著 183p.株式会社エスクナレッジ

 感想は次回読んだときに.

 

○ 森と日本人の1500年 (平凡社新書) 田中敦夫著 239p.平凡社

 タイトルには1500年とありますが,主に明治以降の日本の林業や関連政策について必要に応じ江戸時代まで遡って取り扱っています.とはいえ,古代からの日本人の木材利用についてもコンパクトに解説され参考になりました.先日見たNHKスペシャル「明治神宮 不思議の森 〜100年の大実験〜」に出てくる本多静六先生らも載っていて,同番組を見た際には参考になりました.

 大学で習う林学というのがどういうものか不明ですが,恐らく林学(或いは自然保護)に関わる人にとっては参考になる入門書ではないでしょうか.

 

○ 日本は外国人にどう見られていたか (知的生きかた文庫) 「ニッポン再発見」倶楽部著 229p.三笠書房

 戦国時代,幕末〜明治,大正にかけて日本に滞在した多くの西洋人から見た西洋化する前(しきる前)の日本を様々な切り口からコンパクトに概観出来る良書.ザビエル,フロイス,ケンペル,シーボルト,ペリー,モース,フォーチュン,小泉八雲,イザベラバード,ヘボン,シュリーマン等々の著名人から個人的に余り知らない人まで,彼ら・彼女らの著作(しかも和訳版)に直接当たり,しかも出典がキチッと引用文献としてあげられているところが本書の特色であり強みでしょう.この本の取り扱う内容に興味を持つ人は,もちろん原典を読むことが必要と思いますが,この本を読んでから,興味のある原典を読むのも大変効率的であると思います.

 

○ 定本 黒部の山賊 アルプスの怪 伊東正一著 221p.山と渓谷社

 おもしろい sign03

 山の本を殆ど読んだことがないが,面白さに一気に読了してしまいました.雲ノ平,いきた〜い sign03

 

○ ボブという名のストリート・キャット ジェームズ・ボーエン著・服部京子訳 277p.辰巳出版株式会社

 こういう猫との新たな出会いがしたい sign03 cat

 一生幸せになりたかったら猫と友達になりなさい(開高健の本をもじりました coldsweats01)と改めて思いました.

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

2014年10月に読んだ本

 読書の秋まっただ中の10月に読んだ本.

 週末の天気がイマイチで山に行けなかったので,結構読み進むことが出来ました.

 

○ 書物としての宇宙 (明治大学公開文化講座) 明治大学人文科学研究所編 179p.風間書房

 タイトルに釣られて買ってしまった3人の演者による明大の公開講座の講演録です.一人目の演者の松岡氏は以前紹介した松丸本舗@丸善丸の内本店をプロデュースした方ですが講演者紹介を見たら何とあの工作舎を設立した方だったのですね.ワトソンの生命潮流―来たるべきものの予感,シェルドレイクの生命のニューサイエンス―形態形成場と行動の進化,ラヴロックの地球生命圏―ガイアの科学,ヤンツの自己組織化する宇宙―自然・生命・社会の創発的パラダイム等々, 日本で先頭を切ってニューサイエンス関連の本を紹介してきた方とは恥ずかしながら知りませんでした.どうりで波長が合うわけです.二人目の演者鹿島氏の危 険なコレクションの話題,三人目の演者安藤氏の比較言語学と比較神話学の話題も興味深く読みました.公開講座聞きたかった.

 

○ そうか、こうやって木の家を建てるのか。 「200年住宅」と工務店選びの知恵 田鎖郁男著 188p.小学館

 家の建て直しを長いこと考え中.ネットでたまたま見たSE工法に興味を持ち出会った本.長期優良住宅,完成保証,第三者検査,構造計算,温熱計算 (パッシブ・デザイン)など,着目すべきキーワードを知りました.住宅は頭領(社長)によって決まると著者の方が仰っています.大手より一気通貫で責任を 持って仕事に当たってくれる(可能性が高い)工務店の方が良いのかなって思ってきました.実際,カタログとか見ていると,工務店の方が(沢山あるからか) 大手のハウスメーカーよりデザインが良いのがあったりしますものね.

 

○ ねこの秘密 (文春新書) 山根明弘著 236p.文藝春秋

 ハンターとして完成した肉体が生み出す究極の機能美と野生の本能がまとう気高さや神秘性.人間の傍らにある永遠の謎,猫.動物学者の著者が専ら自身のフィールド研究を元に,その魅力や秘密について解き明かしてくれます.今月最後に読んだ「世界から猫が消えたなら (小学館文庫)」の主人公の母の言葉「人間と猫はもう一万年も一緒に生きてきたのよ。それでね、猫とずっと一緒にいると、人間が猫を飼っているわけじゃなくて、猫が人間のそばにいてくれるだけなんだっていうことが、だんだん分かってくるのよ」.この言葉が,この本の内容を端的に語っているように思います.

 

○ これが正解! 設計力のある工務店で家を建てよう (別冊・住まいの設計 204) 鈴木康之編集 105p.扶桑社

 ネットで気に入った工務店の建築した家が載っていたので買ってみました.良く読んでみたら2つ上の本を買ったきっかけでもあるSE工法を施行する工務店のグループにより編まれた本でした.家は車以上に高い一生に一度の買い物.良いデザインの家を見ていると夢だけが広がってゆく・・・

 

○ 2時間でおさらいできる世界史 (だいわ文庫) 祝田秀全著 284p.大和書房

 文庫本.タイトルのように2時間では読めませんでしたが世界史を概観するにはよいと思いました.大きな歴史の時代(まとまり)を章として,世界を ヨーロッパ(或いはキリスト教世界),アジア,中東(或いはイスラム世界)という大きな塊毎に各国(勢力),経済,宗教など歴史の動く動機に注意しながら 解説しています.章が変わっても(歴史が進んでも)前の章との関連性に触れながら解説されているので,歴史全体の流れも判ります.上記のように世界を大き な塊毎に解説していると書きましたが,その区域は必要に応じ変化させ,また,独立して縦割りで描くのではなく干渉・関連しあうところもちゃんと押さえていると思います.個人的には世界史に果たすユーラシアの遊牧民族(騎馬民族)の影響が大きいと思うので,もう少しその視点から描いて欲しいと思いました(更に欲を言え ば世界の大きな塊として遊牧民を入れて欲しかった).オヤジギャグ(というのかな?)が多く,時に息抜きに,時に読む邪魔にも感じましたがご愛敬でしょうか.文庫本で気軽に読めるので,何度も読み返すと良いと思います.なお,どの程度,歴史学の中庸をバランスよく無難に押さえているかは判りませんでした.

 

○ むしくいノート びっくり!たのしい!おいしい!昆虫食のせかい ムシモアゼルギリコ著 365p.出版社

 ついつい買ってしまう虫食本・・・.なんと,以前読んだ私、食虫植物の奴隷です。」 に出てきたムシモアゼルギリコさんの本でした.巻末に参考となる虫食い本が幾つか紹介されています.そのうちの何冊かを持っている自分がちょっと”?”ではありますが,それらの中では読みやすくバランスよく書かれたハンディな一冊です.余り写真を多用するとグロになりそうですが,紹介しているレシピの完成料理写真くらいは載せても良かったかなと思います.

 

○ 世界から猫が消えたなら (小学館文庫) 川村元気著 229p.小学館

 猫は消せない・・・.死んだ猫のことを思い泣いてしまいました.きっと同じ境遇にたたされたら同じ選択をするでしょう.銀河鉄道999に出てくる惑星ヘビーメルダーにあるトレーダー分岐点の酒場のレリューズの歌のような本です(死神無しで酒場に通う人々のように泣くには大いなる人生経験を必要とすると思いますが・・・).映画見に行こうかな movie

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

2014年9月に読んだ本

 最近歴史系の本ばかり読んでいた反動なのかなんなのか,9月は意識したわけではありませんが生き物系の本の割合が多くなりました.

 

○ ウルトラライトスタイル: UL山歩きのビジュアル読本 (Gakken Mook) 鈴木昌子編集 128p.学研パブリッシング

 今年の夏は天候が安定せず満足に山にゆくことが出来ませんでした.ULスタイルの山歩きは実践したことがありませんし当面予定もありませんが,普段の山行装備をより軽量化するヒントが無いかと読んでみました.ULの考え方や実践者の装備から始まり,グッズ,ULグッズの作成者へのインタ ビュー,UL山行のレポートなどが簡便に一通り載っています.それぞれ深掘りしているわけではないのでULとはなんぞや?を把握する感じの本です.最新のグッズを網羅的に紹介・比較するカタログっぽい本と一緒に読むと楽しそうです.

 

○ 国指定天然記念物 成東・東金 食虫植物群落ガイド 大場達之・中村俊彦監修・「成東・東金食虫植物群落」ガイド編集委員会編集・協力 62p.成東町教育委員会

 現地を訪れたこともある千葉県にある有名な食虫植物群落の天然記念物指定80周年を記念して作製されたコンパクトなガイドブック.本書は横浜の古本屋さんで見つけて購入しました.読んでみると,色々な植物が消滅したり減少したりしているようですが,かつて人里に近い湿地に生えていた,日本人にとって身近だったと思われる植物が写真で紹介されていて,何となくほのぼのとした気持ちになります.その他にも,主要な植物の開花フェノロジーや群落の保護活動の沿革,指定地の年表などがコンパクトにまとめられている好著です.人の無意識の管理により維持されてきた食虫植物を含む群落が,指定により従前の管理が出来なくなり遷移が進み群落が衰退という,天然記念物にお決まりの運命が古く大正時代に認識され,高名な牧野富太郎博士が学術誌で報告したと書かれていました.その後,色々とあったようですが地元の方々のご努力により,今日まで何とか維持されてきたことが判ります.何時までも地元に愛され群落が残って欲しいと感じました.

 

○ 図鑑大好き!: あなたの散歩を10 倍楽しくする図鑑の話 千葉県立中央博物館監修 111p.彩流社

 図鑑学という学問があるかどうか判りませんが,もしあれば本書は日本の図鑑についてコンパクトにまとまった良書といえます.また,作り手側(「第2部 図鑑を作る人々」,「エピローグ 図鑑をつくろう」)と利用する側(「第4部 使える図鑑」)それぞれの視点からのアプローチ,図鑑の歴史を扱う「第3部 日本 図鑑史」など,多角的な視点から構成されている点や,同じテーマで昆虫,植物,鳥類など色々な生物群を取りあげていている点で,バランスがとれています.さらに,「エピローグ 図鑑をつくろう」は,”使える図鑑”を作るに際して,どのような写真を撮ったらよいか(=裏返せば図鑑を使うにはどういう視点から生物を観察したらよいか)をよく考えさせてくれますし,エピローグを含め各章で複数の分類群が並列的に書かれているので,他の分類群ではどのような視点に立って図鑑が意図・作成されているかを知ることができ,読み手の考察に深みを与えてくれると思います.

 その他,個人的に探していた昔の図鑑の生態描写(小学館の学習図鑑シリーズ)が口絵の最初の見開きに出ていてビックリ.「第一部 思い出の一冊」でやくみつるさんも言っていますが小学館の学習図鑑のパノラマビューは最高です.それとは別にコラムに書かれていましたが,この見覚えのある絵柄は図鑑画家の清水勝氏という方の作品であることを知りました.

 

○ アリの巣をめぐる冒険―未踏の調査地は足下に (フィールドの生物学) 丸山宗利著 224p.東海大学出版会

 8月に読んだ昆虫はすごい (光文社新書)」を書いた著者による本.ご専門の好蟻牲昆虫を中心話題として分類学の面白さや魅力をこれでもかこれでもかと書いていて,自ら採集し分類を行う人であれば昆虫以外の分類群を専門としていても,とっても面白く,うんうんそうだよねって納得しながら読めると思います.実際にそんなことをしたらアリたちの顎や毒針の集中砲火をあびてタダではすまなそうですが,まさに「濡れ手に粟」という言葉がふさわしい好蟻牲昆虫の未開拓な分類の世界.新属新種が続々と見つかるのは,きっと楽しくってたまらないと思いますし,読んでいて楽しくって仕方がない様子がひしひしと伝わってきます.第3章に「本当の生物多様性未踏の地はどこに」というパートがあります.着目する人が少ない・いないハビタットを利用する生物群は,例えそれが人にとって身近な場所であろうとも調べられていないことが多く,研究者として,そういうニッチェを見いだした喜びは一入でしょう.そういう未知・未開・未踏の迷宮に迷い込んでみたいものです.第4章の 「コラム 在野研究者と職業研究者」や「さいごに」に記載された「附記・本書の言葉遣いについて」を読んで,筆者の研究者としての姿勢に敬意を表したいと感じました.今後とも是非とも様々な分野で活躍して欲しいと思います.

 追伸:巻末の引用文献がとても充実しているようです.こんなことを言うと筆者に怒られますが,この分野の迷宮に迷い込んでいる(迷い込もうとする)研究者以外(=即ち圧倒的大多数の読者)にとって,これほど役に立たない引用文献はなかなかありません.といいつつ,たまたま目にした最後の引用文献の著者がアリの専門家でありBiological diversity (Bioldiversity)の造語でも知られるO.E.Willsonだと気づいてニヤリとする自分に笑ってしまいました bleah

 

○ 猫ピッチャー2 そにしけんじ著 141p.中央公論新社

 待望の第2巻.ミー太郎,かわいい lovely 第3巻も待ってるニャ sign03

 

○ ハエトリくんとふしぎな食虫植物のせかい 木谷美咲作・ありたかずみ絵 95p.VCN

 先月読んだ私、食虫植物の奴隷です。」の作者による子供向け絵本(本の前半).タイトルの通り食虫植物のハエトリソウを主人公にしています.ハエトリくん他,ムジナモ,ミミカキグサくん,ウツボカズラくんなど,中々見事にデフォルメされていて可愛いです.後半は易しい分類や育て方,消化液のph測定,前述の成東の自生地案内などものっています.幼稚園〜小学生低学年向け?の食虫植物の本として類書もなくバランスがとれていてオススメのように思いました.あとがきに書かれていましたが,大人向け等々,読み手を変えたハエトリくんの活躍を期待します.

 

○ 裏山の奇人: 野にたゆたう博物学 (フィールドの生物学) 小松貴著 276p.東海大学出版部

 前読のアリの巣をめぐる冒険―未踏の調査地は足下に (フィールドの生物学)の著者である丸山氏の共同研究者であるアリヅカコオロギを専門とする研究者の書いた本.丸山氏の著作同様,好蟻牲昆虫(生物)の多様さに驚かされると共に,タイトルに出てくる「裏山」のようなところでも未だ判らないことが沢山隠されており,今まで着目されなかったマイクロハビタット・ニッチェ・時間帯等を調べることの重要性を教えてくれます.もう調べ尽くされているといった思い込みや妄想にとらわれている限り,目の前にあるかもしれない(アリス(蟻巣) イン )ワンダーランドの扉を開くことは出来ないのでしょう.アリヅカコオロギ等の微細昆虫や飛翔中の微細なハエ,生き生きとした表情の小型哺乳類など,写真がすばらしいのも本書の特徴.丸山・小松両氏の関わる「アリの巣の生きもの図鑑」,思わず買っちゃいそうです.

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

城山2にゃんズ

ブログ更新,またまた間が空きました bleah

 

7月6日,ほぼ2ヶ月ぶりに山行に行きました.

久しぶりなので足慣らしを兼ねて高尾山から城山までお散歩歩き run

城山山頂で2にゃんズを発見 shine catcat shine

こんな山奥ですが,数件ある御茶屋さんや登山客が面倒を見ているのでしょうか?

140706 2にゃんず@城山
140706 2にゃんず@城山 posted by (C)スゲネコ

 

挨拶をしたらやって来ました shine

1にゃんがひざすわりにゃんこ happy02

140706 ひざにゃんこ@城山
140706 ひざにゃんこ@城山 posted by (C)スゲネコ

 

なでてあげると,きもちいいにゃんこ catface

140706 きもちいいにゃんこ@城山
140706 きもちいいにゃんこ@城山 posted by (C)スゲネコ

 

ズボンに聖なる印(足跡)が印されました(見えるかな?) scissors

140706 ひざにゃんこの聖なる印@城山
140706 ひざにゃんこの聖なる印@城山 posted by (C)スゲネコ

 

隣にもアナザーにゃんこ lovely

極楽です happy02

140706 いすにゃんこ@城山
140706 いすにゃんこ@城山 posted by (C)スゲネコ

 

けれども膝に乗れず地べたにおすわりにゃんこ coldsweats01

ごめんにゃさい catface

140706 いすにゃんこがおすわりにゃんこ@城山
140706 いすにゃんこがおすわりにゃんこ@城山 posted by (C)スゲネコ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

2014年3月に読んだ本

3月は増税前の駆け込みで本を買い込みました.

ということで,3月は最近買った本を中心に読みました.

年度末でしたが何故か沢山の本を読むことが出来,感想も丁寧に書くことが出来ました.

毎月このくらいのペースで読んで行けたら良いのにな−.

 

 

○ この国のすがたと歴史 (朝日選書) 網野善彦・森浩一著 237p.朝日新聞社

 網野・森両先生の対談集.古代に於ける柿の研究が進んでいないなど,相変わらず人の生活から多様かつ新たな視点を提示していて読んでいて飽きません.日本に限ったことではないのでしょうが,当たり前の人々の暮らしというのは思った以上に判っていないらしいことを改めて認識しました.感銘と共感を覚えたのはタ イトルの一部と重なる最後の「この国のすがた」の部分.個人的には,かねてから日本(特に古代〜奈良時代)は北米「新」大陸で言うところの西部(開拓時代)と重ね合わせ比較していたので,とても興味深く読みました.古代日本でも例えば大和朝廷による北米大陸のような先住者に対する侵略の歴史や政策があったのでしょう が,和をもって尊しとする先住者,大陸の内乱や混乱を避け日本列島に渡ってきた人の集団の間では,共に苦労をして渡来し生活の場を探し定着した苦労を互い に知り,共存しようとしたことが,今日の日本人の寛容さと地域の多様性を形作ったのではないでしょうか?

 

○ おひとりハウス (家を伝える本シリーズ くうねるところにすむところ) 篠原聡子著 39p.平凡社

 かつて仕事で滞在したインドネシアのゲストハウスは,各人の個室だけでなく自由に使えるキッチン,ソファーのある広々としたオープンスペース,広いプールがあり,ホテル住まいにはない(というかホテル住まいにしなくて良かった)魅力がありました.そのことを思い出し,家を建て直す際に,家族のプライバシー(個室)とコモンスペース(リビングなど)をどう考えれば良いかと思い買った本です.

 コモンスペースを意識し形から入り設計・失敗した集合住宅コルテを,設計者自らが人が集まって住むことを国内外の事例を参考にしながら住む人の視点から改修している過程がまとめられています.もともとは現在増えている独身者や一人住まいの人々の暮らし方にコモンスペースをどう取り入れて潤いのある生活を建築家として提案できるかがテーマであったと思います.奇しくも3月11日にこの本を読みましたが,この本の出版は2011年6月.あとがきの冒頭に東日本大震災のことが述べられています.多くの方が被災し避難し仮設住宅に入りコミュニティーが崩壊しました.おひとりハウスだけで無く,家が存在することの確かさや豊かさ,そしてかつてのような家族の絆を作り育てる場としての家の重要性,建築家として,そういったことを提案していこうという考えが伺われました.

 

○ 道が語る日本古代史 (朝日選書) 近江俊秀著 243p.朝日新聞出版

 こんな本を買う方も買う方だが(失礼),マニアックなタイトルに似合わず素人にもとても読みやすく一気に読了.何故,道がそこに成立したのかを政治や経済から知る良書.思わず古道マニアなになってしまいそうです.

 葛城の道は葛城氏のことを詳しく知らなかったので大変興味深く読むことが出来た.前々から買おうと思って迷っていた「謎の古代豪族 葛城氏(祥伝社新書326)」 を買うことを決意してしまいました.推古朝時代の大和・河内の直線古道の巨視的なデザイン性,国賓を迎えるためという国際性という主張は恐らくその通りと 思うが,昔の人だからといってバカに出来ないという見本がまた一つ増えました(むしろ当時の情報量や技術で考えれば現代より優れているかもしれない).推 古朝の道の整備にも太子と馬子が対になって(というか入れ違いに)登場しますが,これを読むと一人の人物の人生の前半を太子,後半を馬子と書記がかき分け たのではないかと勘ぐってしまいます.また,これらの道が壬申の乱の大きな舞台になっているところに歴史のロマンを感じます.少し時代が下がり,著者は天 武朝と比定する全国に整備された七道駅路.古代において直線的な大道が一気に整備され暫く維持されたことも凄いが,条里や土地区画に伴う税制などトータル な国家運営として考えられていたという著者の考え方は理にかなっていると思うし,古代の人々のスケールの大きさに感動しました.

 

○ 改訂新版 田んぼまわりの生きもの: 栃木県版 (Field guide book) メダカ里親の会編集.制作 140p.下野新聞社

 今はネット通販があるので地方出版物も気軽に購入できますが,書籍の名前を知らなければそれも出来ません.というわけで地方に行ったときはマメに本屋にいって地方出版物を探しています.で,本書も仕事で宇都宮に行ったときに買いました.昔に比べれば減っているのでしょうが,栃木県ではまだまだこんなに沢山の生きものたちがいるんだなぁと,感心すると共に羨ましく思いました.日本人は自然を完全に征服すること無く折り合いをつけて利用して,無意識のうちに生きものたちと一緒に暮らしてきたのだと感じました.

 ウサギ追いしか野山〜 コブナ釣〜りしかの川〜♪ (唱歌 故郷)

 春の小川はサラサラ行くよ〜 岸のスミレやレンゲの花に〜(エビやメダカや小ブナの群れに〜)♪ (唱歌 春の小川)

 

○ 江戸奇品雑記 浜崎大著 79p.幻冬舎ルネッサンス

 奇品(きひん)とは,江戸時代に発達した斑入りや葉変わりなど葉を観賞する鉢植えされた植物のことだそうです.江戸時代には園芸が発達しました. 桜草,朝顔,花菖蒲,伊勢撫子など,愛でる花の部分の品種改良だけに止まらず,葉物の美しさも十分理解が進んでいたのに驚きます.幕末〜明治初期に日本に来た西洋人が驚いた文化・芸術の高さの証といって良いかと思います.「2013年11〜12月に読んだ本」でシーボルト―日本の植物に賭けた生涯を紹介しましたが,たしかシーボルトもアオキの斑入り品を絶賛していた気がします.

 奇品を収集・栽培する好事家をさす言葉に奇品家(きひんか)というそうで,その連(れん:今で言うサークルとか同好会とか研究会みたいなもの)まであったそうです.連やそのメンバーの名前,当時の図録,そして当時知られていた奇品そのものが,文化として連綿と続き現在まで残っているのに驚きまし た.また,盆(はち)ー今で言うところの植木鉢ーの写真(今戸焼きの盆もあってビックリ)も幾つか載せられていますが,盆が日本で作られはじめたのは享保のころ(江戸時代 1700年代)というのはちょっと意外で驚きました.

 ちなみに,あとがきを読むと昨年に江戸東京博物館で開催された「花開く 江戸の園芸」が一つのきっかけとなり出版された本のようです.この展覧会に行くことが出来なかったことが悔やまれます.

 

○ 【バーゲンブック】 図説 邪馬台国物産帳 柏原精一著 95p.河出書房新社

 「あとがき」にもあるが本書は邪馬台国が何処にあり,どんな産物があったかを扱った本ではない.考古学的な問題を総合的に解決する・サポートす る,出版された1992年当時の最新の諸科学の進捗状況を様々な学問や遺物から捉えている.弥生時代にブタが飼われていたとか巴型銅器がスイジガイという 貝をモチーフにしたものだとかという目からウロコ的な知識的も多いが,日本の古代を解明する為に様々な分野の科学的手法を道具として用いられているという 点がとても面白い.最終章「石器 産地と年代を推定する技術」は出版当時でもまだまだ難しかった様子が伺われる.石に限らず,出版から20年以上経ってい るので,その後の学問の進歩や成果を示した続編を出して欲しい.

 追伸:著者紹介を見て,この「○年○月に読んだ本」シリーズで未紹介の「殿様生物学の系譜 (朝日選書)」の編著者であることを知りました.どうりで似た感じがして読みやすかったわけですね.

 

○ テント泊登山の基本 (山登りABC) 髙橋庄太郎著 127p.山と渓谷社

 3月23日,今年初の山行(高尾山)時,行き帰りの電車の中で読みました.グッズ選びにはむきませんが,タイトルの通り,テント山行のハウツーものとしてはコンパクトで写真も多く入門編としては良い本です.今年こそマイ・テント泊デビューしたいです.

 

○ 日本文化の形成 (講談社学術文庫) 宮本常一著 250p.講談社

 常一先生の本を体系的に読んだことはありませんが,本作は遺稿を元に出版されたそうです.その為か読んでいて文章や理論自体の推敲が十分でない点 も多々ありますが,あまたのフィールドワーク・文献から培われ・見いだされ・統合された人の生活・文化に関する多くの見解・示唆・知見・問題提起・疑問等 に満ちあふれた内容になっています.人生の晩年に,まだまだやりたいことが沢山あるのだ,自分でもやりたい,でも後生に託すべき点を伝えたいと思われたの かもしれませんし,その底流には歩けば歩くほど・文献を読めば読むほどに,如何に世の中の身近なところに判らないことが満ちあふれているかをお伝えになり たかったのかもしれません.ふたつ前の邪馬台国物産帳ではありませんが,近年の科学的な解析結果などをお知りになったら,更に色々なことを統合的に考えら れる方だったのかと思うともう少し長生きして頂きたかったと思いつつ読了しました.また,倭・倭人についての中国の古文献について,ここまで正面切って合 理的な会社を句を詠むのは初めてです.

 巻末の「付 海洋民と床住居」は,これだけで出してもいいくらいに大変示唆に富んだ内容で,個人的には別の視点から平安貴族の海との結びつきについて関心があったので大変興味深く,常一先生がより深く考察して頂いていたらと思います.同じく「宮本常一年譜」はとても有益な資料&行動力と執筆力に脱帽です.常一先生の業績は,これだけのフィールドワークと読書量と著作活動と農業や漁業への関わりがあったからこそだということが良く判りました.

 

○ 猫ピッチャー1 そにしけんじ著 141p.中央公論新社

 ピッチャー,ミー太郎,背番号222.可愛くってたまりません.読売新聞日曜版の23コマ漫画のコミック化だそうです.秋発売予定の2巻が楽しみです.待ってるニャ! 公式サイトはこちら

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

今年の初山行は高尾山でした(2014/03/23)

忙しかったり,大雪が続いたりで,今年の初山行は先日の3月23日となりました.

直近が昨年12月8日の山梨県の三ッ森北峰でしたので,4ヶ月弱ぶりです coldsweats01

久々なので足慣らしも兼ねて初山行は高尾山に決定 sign03

今回は高尾駅北口から金毘羅神社へ,そこから1号路,2号路,3号路経由で山頂へ.

帰りは奥高尾方面に少し行って紅葉台と一丁平の中間当たりから南斜面を林道沿いに戻り,合流した稲荷山コースで高尾山口駅までというコースにしました.

 

朝6時過ぎに,高尾駅北口の天狗さんに見送られ出発です run

140323 天狗飾り物@高尾駅北口
140323 天狗飾り物@高尾駅北口 posted by (C)スゲネコ

 

麓ではウメも咲いていましたが足下には霜が降りていました.

130323 霜の降りたヒメオドリコソウ?@0624
130323 霜の降りたヒメオドリコソウ?@0624 posted by (C)スゲネコ

 

登山道上で雪を見た記憶がありませんが,時折沢沿いにはところどころ残雪がありました snow

大雪の時は高尾山山頂は1mの積雪があったようです.

一ヶ月以上経つのに残っているなんて本当に沢山降ったんですね.

140323 雪@717
140323 雪@717 posted by (C)スゲネコ

 

7時40分過ぎに山頂に到着.

久々に富士山とご対面です fuji

今日もとっても綺麗 shine

140323 高尾山頂からの富士山@741
140323 高尾山頂からの富士山@741 posted by (C)スゲネコ

 

ここでグッドニュース good

写真を撮れませんでしたが,山頂から奥高尾方面にちょっと下った園地に住んでいるニャンコも健在でした cat

ベンチの登山者の隣にニャフッと座っていました happy02

雪でどうしているか心配でしたが良かったです happy01

 

帰り際,稲荷山コースをあるいていたら,林内からカサコソと何かが歩く音が ear

なにかと覗いてみるとヤマドリ♂が歩いていました eye

距離は5m程ですが,撃たれないのを知っているのか,こちらが気がついていないと思っているのか,ノンビリ歩いていました chick

でも一人で何だか寂しそう weep

昼間ですけど,さながら人麻呂の心境でしょうかね.

「あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む(柿本人麻呂)」

140323 ヤマドリ@復路 稲荷山コース
140323 ヤマドリ@復路 稲荷山コース posted by (C)スゲネコ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

にゃんチョコ

にゃんかまに続き,にゃんチョコです.

 

こちらはにゃんかまをくれた友達からのもの.

140216 にゃんチョコ箱
140216 にゃんチョコ箱 posted by (C)スゲネコ

 

パカッ.

にゃんチョコズ.

140216 にゃんチョコ中身
140216 にゃんチョコ中身 posted by (C)スゲネコ

 

こちらは自分で買った,にゃんチョコ.

にゃん舌が沢山入っています.

写真を撮る前に中身を食べてしまいました coldsweats01

140216 にゃん舌チョコ箱
140216 にゃん舌チョコ箱 posted by (C)スゲネコ

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

にゃんかま(猫の日スペシャル?)

友達からの頂き物です.

140216 にゃんかま箱
140216 にゃんかま箱 posted by (C)スゲネコ

 

にゃ,にゃ,にゃ,にゃ?

40216 にゃんかま5個
40216 にゃんかま5個 posted by (C)スゲネコ

 

にゃんかまです shine

富山県の細工カマボコの期待のエース sign02

140216 にゃんかま顔と肉球
140216 にゃんかま顔と肉球 posted by (C)スゲネコ

 

北陸の底力を垣間見た気がいたします.

侮り難し富山県.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

現実から目をそらさない

1月に読んだ本で紹介した「人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法」の一番のお気に入りです.

コピーして冷蔵庫に貼っています.

140216 現実から目をそらさない
140216 現実から目をそらさない posted by (C)スゲネコ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

キャット・コレクション 140

ひさびさのキャット・コレクションはショルダーバッグ shine

カラーはナチュラル(アイボリー),赤,青の3色がありました.

にゃん,にゃん,にゃん,にゃん,にゃんと5にゃんズが可愛いです lovely

ナチュラルが良かったのですが山で使うことを想定して買ったので青色にしました fuji

でも,ちょとサイズが大きくショルダーも長い・・・ weep

山に持っていって使い勝手を見ますが,下界用にしようかな?

131215 I'm a catlover ショルダーバッグ
131215 I'm a catlover ショルダーバッグ posted by (C)スゲネコ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧