温泉

2014年1月 5日 (日)

2013年の山行の様子

昨年はブログ容量の関係で半年程休眠状態でした coldsweats01

その間登った山の記事がアップできていませんが昨年の山行の記録をまとめてみました.

昨年は週末の天気が悪いことが多く,山行率が余り高くありませんでした.

それでも28回登山し,うち3回は山中泊,3,000m以上の山行が2回,登頂した山頂が95座など,結構盛りだくさんになりました.

高尾山〜陣馬山縦走を何度かしています.一昨年の初縦走の頃は途中で足が痛くなって体力的にもやっとでしたが,いまでは足をさほど痛めることも無く5時間を切るまでになりました.

登頂した山は,地図に照らせば実際には通過したはずなのに現地で山頂を確認できなかった山もあるので,実際には100座を越えていると思います.

2012年版同様,まずはカレンダー順に山行毎の記録を,その後に登頂した山毎の記録を,それぞれ整理してみました pencil

登頂した山には縦走中に登頂した山も極力含めて整理.

見直すのに便利なように記事があるものはリンクを貼りました.

山行の記事が完成していない場合は,とりあえず予告編等も含めリンク pc

実は2012年の山行もまだ記事に出来ていません.

頑張って記事にして今後の山行に出来るようにしたいと思います.

 

【2013年の山行】

○ 1月6日  高尾山〜陣馬山縦走(高尾山口駅から登り陣馬高原下バス停へ下山:東京都・神奈川県)

 一富士二猫三白馬シモバシラ?の霜柱

 

○ 2月10日 鶴巻温泉駅〜吾妻山〜念仏山往復(鶴巻温泉駅より往復:神奈川県)

 里山をまったりハイキング(2013/02/10)

 

○ 2月16日 日向〜阿夫利神社下社〜高取山〜吾妻山縦走(日向薬師バス停より登り鶴巻温泉駅へ下山:神奈川県)

 低山ハイクのつもりが雪(2013/02/16)

 

○ 2月23日 青梅駅〜榎峠往復(青梅駅から往復:東京都)

 トレラン気分で青梅丘陵を縦走してきました(2013/02/23)

 

○ 3月3日 高尾山〜陣馬山縦走(高尾山口駅から登り藤野駅へ下山:東京都・神奈川県)

 すっぽんぞうすいを食す(2013/03/03)

 

○ 3月10日 筑波山(筑波山神社から登りつつじヶ丘へ下山:茨城県)

 筑波山に行って来ました 予報 (2013/03/10)

 

○ 3月16日 伊豆ヶ岳(正丸駅から伊豆ヶ岳に上り吾野駅へ下山:埼玉県)

 伊豆ヶ岳に登ってきました 予報 (2013/03/16)

 

○ 4月14日 棒ノ嶺〜黒山〜岩茸石山〜惣岳山(上日向バス停より登り御嶽駅へ下山:東京都)

 

○ 4月28日 奈良倉山〜坪山縦走(鶴峠バス停から登り御岳神社前バス停へ下山:山梨県)

 奈良倉山〜坪山を縦走してきました 予告編 (2013/04/28)

 

○ 4月29日 倉岳山〜高畑山縦走(梁川駅から登り鳥沢駅へ下山:山梨県)

 倉岳山~高畑山を縦走してきました 予報 (2013/04/29)

 

○ 5月4日 本社ヶ丸(笹子駅より登り笹子駅へ下山:山梨県)

 

○ 5月6日 笹子雁ヶ腹摺山(笹子駅より登り甲斐大和駅へ下山:山梨県)

 

○ 5月25〜26日 甲武信ヶ岳〜破不山〜雁坂峠(西沢渓谷入口バス停より登り西沢渓谷入口バス停へ下山・甲武信小屋泊:山梨県)

 

○ 7月7〜8日 大菩薩連嶺縦走(上日川峠バス停より登りへ甲斐大和駅へ下山・湯ノ沢峠避難小屋泊:山梨県)

 

○ 7月21日 仙丈ヶ岳(北沢峠から往復:山梨県)

 

○ 8月13日 立山三山縦走(室堂より登り剱沢小屋へ:富山県)

 今年もよい年でありますように

 

○ 8月14日 剱岳(剱沢小屋より登り雷鳥荘へ:富山県)

 

○ 9月14日 高尾山(高尾山口から往復(稲荷山コースを上り自然研究路6号路を下る):東京都)

 

○ 9月21日 高尾山〜陣馬山縦走(高尾山口駅より登り藤野駅へ下山:東京都・神奈川県)

 

○ 9月29日 高尾山〜陣馬山縦走(高尾山口駅より登り藤野駅へ下山:東京都・神奈川県)

 ちょっと失礼

○ 10月12日 三頭山〜浅間峠笹尾根縦走(都民の森より登り上川乗バス停へ下山:山梨県)

 

○ 10月14日 権現山〜扇山 南北縦走(初戸バス停より登り鳥沢駅へ下山:山梨県)

 

○ 10月27日 権現山 東西縦走(用竹バス停より登り小寺バス停へ下車:山梨県)

 

○ 11月2日 御前山(藤倉バス停から陣馬尾根を登り鋸尾根から奥多摩駅へ下山:東京都)

 

○ 11月17日 浅間峠〜生藤山〜陣馬山(棡原中学校入り口バス停より登り藤野駅へ下山:山梨県:東京都・神奈川県)

 

○ 11月23日 奈良倉山〜松姫峠〜鶴寝山〜大マテイ山〜小菅の湯(姫峠バス停より登り小菅の湯へ下山:山梨県)

 奈良倉山から大マテイ山へ縦走してきました 予報 (2013/11/23)

 

○ 11月30日 日の出山(日向和田駅より登り金毘羅尾根を下り武蔵五日駅へ下山:東京都)

 日の出山に登ってきました 予報 (2013/11/30)ねこ神社?

 

○ 12月8日 三ッ森北峰(杉平入口バス停から鋸尾根で往復:山梨県)

 

 

【2013年に登頂した山頂(上記の再掲)】

高尾山(599.0m:東京都):1月6日,3月3日,9月14日,9月21日,9月29日,11月3日

城山(小仏城山)(670.3m:東京都・神奈川県):1月6日,3月3日,9月21日,9月29日,11月3日

景信山(727.1m:東京都・神奈川県):1月6日,3月3日,9月21日,9月29日

堂所山(731m:東京都・神奈川県):1月6日

陣馬山(藤野町十五名山 854.8m:東京都・神奈川県):1月6日,3月3日,9月21日,9月29日,11月17日

吾妻山(125m:神奈川県):2月10日(2回),2月16日

念仏山(357m:神奈川県):2月10日,2月16日

高取山(556.3m:神奈川県):2月16日

三方山(454m:東京都):2月23日(2回)

雷電山(494m:東京都):2月23日(2回)

辛垣山(457m:東京都):2月23日

筑波山(百名山・日本百景・関東の富士見百景 877m:茨城県):3月10日

小高山(720m:埼玉県):3月16日

五輪山(標高不明:埼玉県):3月16日

伊豆ヶ岳(850.9m:埼玉県):3月16日

古御岳(830m:埼玉県):3月16日

高畑山(695m:埼玉県):3月16日

中ノ沢ノ頭(中ノ沢頭・イモグナの頭)(622m:埼玉県):3月16日

棒ノ折山(棒ノ嶺)(969m:東京都・埼玉県):4月14日

黒山(842.3m:東京都・埼玉県):4月14日

逆川ノ丸(雨沢山)(841m:東京都):4月14日

岩茸石山(高水三山 793.0m:東京都):4月14日

惣岳山(高水三山 756m:東京都):4月14日

奈良倉山(大月市秀麗富嶽十二景 1,349m:山梨県):4月28日,11月23日

坪山(1,102.7m:山梨県):4月28日

倉岳山(山梨百名山・大月市秀麗富嶽十二景 990.1m:山梨県):4月29日

天神山(876m:山梨県):4月29日

高畑山(大月市秀麗富嶽十二景 981.9m:山梨県):4月29日

清八山(大月市秀麗富嶽十二景 1,593m:山梨県):5月4日

本社ヶ丸(山梨百名山・大月市秀麗富嶽十二景 1,630.8m:山梨県):5月4日

角研山(1,377m:山梨県):5月4日

笹子雁ヶ腹摺山(山梨百名山・大月市秀麗富嶽十二景 1,357.7m:山梨県):5月6日

米沢山(1,357m:山梨県):5月6日

お坊山(1,421m or 1,430m?:山梨県):5月6日

東峰(お坊山東峰)(1,421m:山梨県):5月6日

大鹿山(雨沢ノ頭)(1,236.1m:山梨県):5月6日,7月8日

木賊山(2,468.6m:埼玉県・山梨県):5月25日,5月26日

甲武信ヶ岳(日本百名山 2,475m:埼玉県・山梨県):5月25日

破風山(西破風山)(山梨百名山 2,317.7m:埼玉県・山梨県):5月26日

東破風山(2,260m:埼玉県・山梨県):5月26日

雁坂嶺(山梨百名山 2,289.2m:埼玉県・山梨県):5月26日

熊沢山(1,978m:山梨県):7月7日

小金沢山(雨沢の頭)(山梨百名山・大月市秀麗富嶽十二景 2,014.3m:山梨県):7月7日

牛奥ノ雁ヶ腹摺山(大月市秀麗富嶽十二景 1,995m:山梨県):7月7日

川胡桃沢ノ頭(1,940m:山梨県):7月7日

黒岳(1,987.5m:山梨県):7月7日

白谷丸(1,920m:山梨県):7月7日

大倉高丸(山梨百名山・大月市秀麗富嶽十二景 1,781m:山梨県):7月8日

ハマイバ丸(破魔射場丸・ハマイバ)(大月市秀麗富嶽十二景 1,752.0m:山梨県):7月8日

大谷ヶ丸(1,643.8m:山梨県):7月8日

コンドウ丸(1,392m:山梨県):7月8日

小仙丈ヶ岳(2,855m:山梨県・長野県境):7月21日

仙丈ヶ岳(日本百名山 3,033m:山梨県・長野県境):7月21日

雄山(日本百名山 3,003m:富山県):8月13日

大汝山(日本百名山 3,015m:富山県):8月13日

真砂岳(2,861m:富山県):8月13日

別山(2,874m:富山県):8月13日

北峰(別山北峰)(2,880m:富山県):8月13日

一服剣(2,618m:富山県):8月14日(2回)

前剣(2,813m:富山県):8月14日(2回)

剣岳(日本百名山 2,999m:富山県):8月14日

三頭山東峰(奥多摩三山 1,527.5m:東京都):10月12日

三頭山中央峰(奥多摩三山 1,531m:東京都):10月12日

三頭山西峰(奥多摩三山・山梨百名山 1,524.5m:東京都・山梨県):10月12日

大沢山(1,482m:東京都・山梨県):10月12日

槇寄山(1,188.2m:東京都・山梨県):10月12日

丸山(1,098.3m:東京都・山梨県):10月12日

土俵岳(1,005.2m:東京都・山梨県):10月12日

雨降山(1,177m:山梨県):10月14日,10月27日

権現山(1,311.9m:山梨県):10月14日,10月27日

扇山(山梨百名山・大月市秀麗富嶽十二景 1,137.8m:山梨県):10月14日

麻生山(1,267.5m:山梨県):10月27日

三ッ峰北峰(1,202m:山梨県):10月27日,12月8日

大寺山(1,226m:山梨県):10月27日

惣岳山(1,348.5m 東京都):11月2日

惣岳山(1,348.5m 東京都):11月2日

御前山(奥多摩三山 1,405.5m 東京都):11月2日

クロノ尾山(1,179m 東京都):11月2日

鞘口山(1,142m 東京都):11月2日

鋸山(1,109m 東京都):11月2日

熊倉山(966m 東京都・山梨県):11月17日

三国山(960m 東京都・山梨県・神奈川県):11月17日

生藤山(藤野町十五名山 990.3m 東京都・神奈川県):11月17日

茅丸(藤野町十五名山 1,019m 東京都・神奈川県):11月17日

連行山(連行峰)(1,016m 東京都・神奈川県):11月17日

大蔵里山(大ゾウリ山)(837m 東京都・神奈川県):11月17日

醍醐丸(867m 東京都・神奈川県):11月17日

高岩山(800m? 東京都・神奈川県):11月17日

鶴寝山(1,368m:山梨県):11月23日

大マテイ山(山沢入)(1,409.2m:山梨県):11月23日

三室山(646.9m:東京都):11月30日

高峰山(高峰)(755m:東京都):11月30日

日の出山(902.0m:東京都):11月30日

麻生山(794m:東京都):11月30日

金毘羅山(468m:東京都):11月30日

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

奈良倉山から大マテイ山へ縦走してきました 予報 (2013/11/23)

11月23日,JR上野原駅からバスに乗り奈良倉山に登ってきました run

この山は今年のGWに続き2回目 scissors

一回目はヒカゲツツジなどを求め坪山方面へ行き,奈良倉山他から見えた富士山に感激 happy02

今回は快晴という天気予報に綺麗な富士山を期待し,坪山方面とは反対方向の松姫峠,鶴寝山,大マテイ山を経て小菅の湯を目指すという秋の温泉コースとしました.

落葉樹は落葉していましたが,カラマツの黄葉が残っていてくれました

時折はらはらと散るカラマツの黄葉の中を登っていきます.

131123 奈良倉山登りのカラマツ黄葉
131123 奈良倉山登りのカラマツ黄葉 posted by (C)スゲネコ

 

急な斜面も何のその.

カサカサ落ち葉の中を気持ちよく登っていきます.

131123 奈良倉山への登り落ち葉サクサク
131123 奈良倉山への登り落ち葉サクサク posted by (C)スゲネコ

 

到着した奈良倉山では期待通り綺麗な富士山が待っていてくれました fuji

感激 happy02

131123 奈良倉山山頂からの富士山
131123 奈良倉山山頂からの富士山 posted by (C)スゲネコ

 

奈良倉山からは一部林道歩きもありましたが良い天気の中,綺麗なカラマツの黄葉を見ながら楽しく歩くことが出来ました.

131123 奈良倉山から松姫峠への林道カラマツ黄葉
131123 奈良倉山から松姫峠への林道カラマツ黄葉 posted by (C)スゲネコ

 

初登頂の鶴寝山からも富士山がバッチリ fuji

131123 鶴寝山山頂からの富士山
131123 鶴寝山山頂からの富士山 posted by (C)スゲネコ

 

道中,ブナ等の巨木が多かったのも印象に残りました.

こちらはトチノキの巨木(本当は斜めに生えています).

131123 トチの大木
131123 トチの大木 posted by (C)スゲネコ

 

初訪問となる小菅の湯に到着.

ゆったり浸かって,ツルルツのポッカポカ spa

131123 小菅の湯入口
131123 小菅の湯入口 posted by (C)スゲネコ

 

今回も素晴らしい山行を楽しむことが出来ました.

この稜線歩きはオススメです good

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

当面の山行について考えてみた(2013/05/02)

早いもので今週末はGW後半.

GW前半は奈良倉山~坪山縦走(4月28日:山梨県)倉岳山~高畠山縦走(4月30日:山梨県)に行ってきました.

春爛漫.良い感じでした.

春のベストシーズンをもれなく計画的に楽しむため,5月の山行候補を考えてみました.

GWは混むと思うので近郊の駅to駅で直接登山出来る場所にしたいと思います.

奥多摩なら,

 本仁田山(標高 1,225m)を奥多摩駅から登り鳩ノ巣駅に下る.登りは結構急らしいです.

中央線沿いなら,

 高柄山(標高 733m)を四方津駅から往復 もしくは 梁川駅から登り竜野峠〜倉岳山〜新大地峠〜高柄山〜四方津駅へ縦走.

 鶴ヶ鳥屋山(標高 1,374m)を笹子駅から登り角研山(標高 1,377m)〜鶴ヶ鳥屋山〜宝越えに戻り笹子駅に下る.下山後は笹一酒造と笹子餅.若しくは鶴ヶ鳥屋山から東に稜線を縦走し初狩駅に下る.

 本社ヶ丸(標高 1,631m)を笹子駅から清八峠に登り清八山(標高 1,593m)を往復し本社ヶ丸〜角研山〜笹子駅.下山後は笹一酒造と笹子餅.

 笹子雁ヶ腹摺山(標高 1,358m)を甲斐大和駅〜笹子峠〜雁ヶ腹摺山〜笹子駅と下る

 「2013年にいってみたい山 1月4日版」で取りあげた北関東の雨巻山や両神山もGW頃がベストシーズンと思うのですが混雑していそうです.今年は平日休めないので来年以降にトライすることにします.

GW以降の5月は低〜中山のベストシーズンと思います.泊付きデビューも目指したいですね.

奥多摩なら

 「2013年にいってみたい山 1月4日版」で取りあげた雲取山(標高 2,017m)で山小屋泊初デビュー.ルートは山小屋と共にもう少し研究です.

 「2013年にいってみたい山 1月4日版」で取りあげた三頭山(標高 1,531m)を檜原都民の森から鞘口峠〜土俵岳(標高 1,005m)若しくは浅間峠まで笹尾根を縦走.浅間峠まで行ければ上の生藤山山行と併せて笹尾根を踏破という欲張りコースを目指す.

 戸倉三山を,臼杵山(標高 842m)〜市道山(標高 795m)〜刈寄山(標高 687m)〜今熊山(標高 505m)と縦走.トレラン風に走ってみたい気もします.

 「2013年にいってみたい山 1月4日版」にも取りあげた御前山(標高 1,405m).カタクリのシーズンは逃してしまいましたが登ってみたいところ.

中央線沿いなら

 権現山(標高 1,312m)を上野原駅からバスに乗り初戸バス停から権現山〜浅川峠〜扇山(標高 1,138m)〜百蔵山(標高 1,003m)へ縦走し猿橋駅へ下る.無理なら扇山から下山する

 生藤山(標高 990m)を上川乗バス停〜浅間峠〜熊倉山(標高 966m)〜生藤山〜連行峰〜醍醐丸(標高 867m)〜和田峠〜陣馬山(標高 855m)〜陣馬高原下バス停と笹尾根を縦走.ムリだったら和田峠からバス停ルートへ逃げる.

丹沢なら

 鍋割山(標高 1,273m)を大谷から後沢乗越〜鍋割山〜大倉尾根〜大谷.

 畦ヶ丸(標高 1,293m)を大滝橋から登り西丹沢自然教室へ降りる.

伊豆半島なら

 「2013年にいってみたい山 1月4日版」で取りあげた天城縦走.良い宿が見つかれば前泊で.

毎週末登っても行ききれない位になってしました.

年始の記事「2013年にいってみたい山 1月4日版」に載せた2,000m級の山々は6月以降にお預けですね.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

御岳山〜日の出山を縦走してきました その1 (2012/10/22)

一昨日(2012年10月20日)の大菩薩嶺が不完全燃焼だったので1日おいた10月22日,休暇を取って奥多摩の御岳山から日の出山へ縦走してきました.

 

今回の予定行程&標準的なコースタイムは次のようです(東京近郊トレッキング BESTコースガイド (Mapple)を参照).

ケーブルカー御岳山駅ー(35分)→武蔵御嶽神社-(30分)→七代の滝-(1時間)→綾広の滝-(1時間45分)→日の出山-(1時間25分)→つるつる温泉

 

7:48,JR青梅線御嶽駅発.

121022_0747

 

駅前の道を渡り左手に少し行くとバス停.

セブンイレブンの手前です.

ここから麓のケーブルカー駅まで向かいます.

121022_0748

 

7:50のバスに乗り8:08にケーブルカーの滝本駅に到着.

紅葉の季節ですが今日は平日なので人もマバラ scissors

121022_0808

 

ケーブルカーの改札手前にはモンベルのコーナーがありました.

流石,奥多摩っていうことなのでしょうか?

121022_0819

 

おみやげやお昼に食べるおかずを買っていると改札が始まりました.

早速,ホームへ.

121022_0820

 

先頭に陣取り,8:21にケーブルカー出発です.

121022_0821

 

8:28,御岳山駅到着.

121022_0828

 

8:30,駅を出発し,武蔵御嶽神社へ出発です.

121022_0830

 

大菩薩嶺は紅葉でしたが,この辺りはまだ緑が濃い様子.

121022_0833

 

山の斜面に家々がありました.

121022_0833_2

 

家々と思ったのは宿泊施設(宿坊)が多いようです.

古くから信仰の山とされ,昔は宿泊が必須だったのでしょう.

事実,○○講などと彫られた石碑(講碑)も道すがら沢山ありました.

家並みに入ると上り坂が多くなりました.

121022_0839

 

坂を登っていくと,とっても立派なケヤキに出会いました(8:42).

121022_0842

 

天然記念物の神代ケヤキだそうです.

長い年月を生きてきただけの大きさと貫禄がありますね.

中央線沿線には日本武尊の東征にまつわる色々な言い伝えがあるようです.

実際にモチーフとなった遠征軍のようなものがあったのかもしれません.

このような山奥を通ったというのは敵に見つからないためだったのかも知れませんね.

121022_0843

 

余りに見事なのでもう一枚.

上の解説版では書かれていませんが注連縄も張られ御神木のようです.

121022_0843_2

 

8:44,門前町?のお土産物屋さんは開店前.

121022_0844

 

8:45,ようやく1つめの鳥居と門が見えてきました.

121022_0845

 

門をくぐり,階段をどんどん上って行くと拝殿に到着(8:50).

121022_0850

 

阿吽の狛犬も威風堂堂(写真をクリックすると拡大画像が表示されます).

121022_0851_3< 121022_0851_4

 

階段を上りきったところから振り返るとこんな感じでした.

あの頂上は今日縦走する予定の日の出山でしょうか.

方角的には東北東の方角になるように思いますので,神社からこの方向に日の出を拝むことができ,それが日の出山の名前の本当の由来かもしれません.

神符授与所で頂いたしおりには,5月8日に例祭として日の出祭というのがあるそうです.

ひょっとしたら,祭り当日に日の出山方向から太陽が昇るのかもしれませんね.

121022_0852

 

ともあれ,拝殿で本日の山行の楽しみと無事な帰宅をお祈りしました.

その後,神符授与所で御守りをお授け頂き御朱印をお願いしたところ,少々時間がかかるので境内をお参り下さいと仰って下さったので有り難くお参りすることに.

121022_0852_2

 

武蔵御嶽神社の本社ご本殿.

121022_0857

 

境内には沢山のお社がありますが,こちらが武蔵御嶽神社の真後ろ一番奥にある大口真神社(おおぐちまがみしゃ).

御岳山の頂上に位置するようです.

121022_0900

 

御祭神の大口真神は日本武尊の東征を御岳山で助けたとのこと.

大和朝廷の東征軍に組みした地元勢力が,その後も朝廷側からこの地を防衛するように言われたことに神様や社の由来があるのかもしれません.

そう考えると,道中の難を救う神という部分も猿田彦とも共通しているように思えてきます.

同時にニホンオオカミの習性に由来するという送り狼(送り犬)の伝説にも関係していそう.

121022_0900_2

 

そして,お社の両脇には阿吽の狼(狗)(写真をクリックすると拡大画像が表示されます).

ニホンオオカミというのがどういう姿形をしていたか判りませんが,こちらは狗のようです.

121022_0902_3 121022_0902_4

 

お社の彫り物もなかなか立派ですね.

登山の神様ということで,本日だけでなく今後とも安全で楽しい登山ができるようお祈りしました.

121022_0902_5

 

大口真神社の向かって右側(北側?)の少し下がったところには太占祭場がありました.

古事記にも語られている神事が今まで伝承されてきたというのは凄いですね.

121022_0902_6

 

祭場は立入禁止ですが望み見ることが出来ました.

祭場は至ってシンプル.

真ん中のトタンで蓋をされた部分で火を焚くのでしょうか.

非公開だそうですが是非見てみたいですね.

121022_0903

 

色々見学,参拝した後,神符授与所で御朱印を頂きました.

130323121022

 

9:11,神社を後に次の目的地 七代の滝にむかいました.

121022_0911

 

長くなりましたので今日はここまで.

 

<今回の区間成績>

ケーブルカー御岳山駅ー(20分/35分)→武蔵御嶽神社(21分滞在)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

大菩薩嶺に登ってきました その5 (2012/10/20)

前回の続きです.

丸川峠を下りはじめると直ぐに再び樹林の中へ.

ここまで下ると紅葉より緑が目立ちました.

121020_1114

 

所々にクリのイガ.

この秋はあちこちの山で見かけました.

豊作だったのかもしれません.

121020_1127

 

11:49,この看板をみて未舗装の林道のようなところに出ました.

写真向かって左側には沢.

地図によると,みそぎ沢というようです.

121020_1149

 

こちらが振り返った登山口.

121020_1150121020_1149

 

暫く林道を下ります.

121020_1151

 

林道と言っても路面はゴロゴロ,周りは森に囲まれ良い雰囲気.

121020_1158

 

12:01,駐車場に到着.

121020_1201

 

丸川峠分岐駐車場というようです.

121020_1202

 

大菩薩嶺の地図もあって,裂石側からマイカーで登るにはここが起点になるようです.

ちなみに今日は上日川峠(看板中央下の○)から矢印の順に,大菩薩峠,大菩薩嶺,丸川峠,この駐車場(看板左側の○)と歩いてきました.

121020_1202_2

 

駐車場入口の道標.

ここは丸川峠入口とも言うようです.

左右の方向には車道が走っていますが,この看板は登山者用ですね.

121020_1203

 

上日川峠方面の車道の様子.

別の看板によると上日川峠まで6.8kmとありました.

元気なら上日川峠まで周回コースというのも良いのかもしれません.

121020_1203_3

 

今日のゴールは反対方向,裂石方面に車道を下っていきます.

121020_1203_4

 

下界は良い天気でしたが,途中ふと山の上を見上げると雲の中.

121020_1212

 

途中,車道山側に雲峰寺というお寺がありました.

こちらは参道下にあった看板.

御旗楯無も御照覧あれの御旗や風林火山の孫子の旗等が文化財として保存されているようなので寄ってみることにしました.

武田氏から崇敬され,天目山の戦いで武田氏が滅びた後も,その縁で持ち込まれ保存されていたのですね.

121020_1231

 

12:15,境内着.

重要文化財の本堂(左)と書院(右)のようです.

なかなか立派で渋い作り.

書院の花菱の家紋(寺紋というべきか?)が,さり気なく武田家との関係を伺わせます.

この写真を選んだのは,はらりと落ちる桜の葉が写っていたから.

121020_1227

 

その葉の主がこちら.

県の文化財となっている桜.

立て札によるとエドヒガンとのこと.

とても立派でした.

花の頃来てみたいです.

121020_1227_2

 

で,御旗や孫子の旗はというと,この宝物殿の中.

残念ながら写真撮影は禁止でした.

日本最古と言われる日の丸 御旗.

お寺のHPによると,

「日本最古とされる日の丸の旗。
伝承によると、天喜4年(1056)に源頼義が後冷泉天皇より下賜され、頼義三男の新羅三郎義光から武田家に代々伝わったものといわれている。『甲斐国志』では長さ六尺四布とあるが、現在は約1/4が欠損している。」とのこと.

欠損が多く正方形に近い白地の布に縁に達しそうな日の丸の○が描かれていました.

今普通に見る横長の国旗とは形や○の大きさの比率が違いますが,1000年近く前から日の丸があったというのはビックリ.

お寺のHPに写真があるので興味のある方はこちらをご覧下さい

風林火山で有名な孫子の旗も実物をしっかり見てきました.

TV等で見て史実と思っていたものですが,実際にそれと変わらぬもの(恐らく天目山の戦いで使われていたもの)を確認できたのは感慨深かったです.

121020_1227_3

 

12:31にお寺を出て,12:35に本日のゴール大菩薩峠登山口バス停と番屋茶屋に到着.

見ればバスの時間まで間がありましたので,茶屋でよもぎだんごを買い,少し歩いたところにある温泉に移動.

121020_1235

 

12:45,大菩薩の湯に到着 spa

汗を流し,ゆったり温泉に浸かり疲れをとりました.

番屋茶屋まで戻り,ほうとうを食べたかったのですが疲れていたし,タイミング良くバスも来たので今回は断念.

121020_1245

 

温泉の前のバス停から塩山駅行きのバスに乗り,14:13の電車に乗り帰路につきました.

121020_14051413

 

全行程の区間成績は以下の通り.

 オールブルーで標準コースタイムをクリア.

 標準コースタイムで全行程6時間20分のところ,3時間30分で走破(休憩時間を除く).一応,標準コースタイムより2時間50分ほど短縮出来ました.大菩薩峠から大菩薩嶺は悪天候のためひたすら突き進んだためか,まずまずのペースとなりました.

 8:28に上日川峠から登山を開始して12:45に大菩薩の湯に着きましたので,所要登山時間は4時間17分.差し引き47分ほど休憩タイムを 取ったことになります.

 今回は悪天候で展望が悪く,急いで登ったので,欲求不満.天気の良いときに登りたいと思います.

上日川峠ー(14分/25分)→福ちゃん荘(5分休憩)ー(31分/50分)→大菩薩峠(13分休憩)ー(13分/10分)→賽の河原(4分休憩)-(19分/45分)→雷岩-(5分/10分)→大菩薩嶺(3分休憩)-(46分/1時間10分)→丸川峠(6分休憩)ー(54分/1時間20分)→駐車場ー(18分(雲峰寺16分見学除く)/20分)→大菩薩嶺登山口バス停−(10分(番屋茶屋でのお買い物時間含む)/10分)→大菩薩の湯

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

すっぽんぞうすいを食す(2013/03/03)

ひな祭りの3月3日は高尾山から陣馬山を縦走し藤野駅へ下山しました fuji

前回は痛い足をガマンして藤野駅までの車道を歩きましたが今回は無事クリア scissors

半年たって少しは上達したのかな?

下山後は定番の東尾垂の湯spa

ポッカポカに暖まったところで,すっぽんぞうすいというのを食べてみました delicious

実はホームページを見ていて前々から気になっていた一品 pc eye

130303

 

実はスッポンを食べるのははじめて.

臭みも無く味や食感も良く美味しかったです happy02

そして食べ終わって暫くすると体の中からポカポカしてきました.

さすがはスッポン sign02

130303_2

 

ズッポン料理の相場を知りませんが,このお値段はお値打ちな気がします.

寒い時期,下山後に温泉とぞうすいで暖まって,疲れた体に滋養強壮.

たまりませんね happy02

実は1月の高尾山〜陣馬山縦走で膝を痛めたので,コラーゲンが効いてくれると嬉しいデス.

130303_3

 

今までここで食べ物を頼んだことはありませんでしたが,隣で食べていた人たちも別のメニューで美味しいを連発していました.

おすすめかもしれません.

侮り難し東尾垂の湯 sign03

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

低山ハイクのつもりが雪(2013/02/16)

先週に引き続き週末も低山ハイクに行って来ました run

大山@丹沢の頂上付近は雪 snow

130216

 

今回は昨年の大山で下山コースの予定を取りやめた日向薬師〜見晴台を登りました.

寒さと雪を避け中腹までのコースをセレクトしたのに700m位から積雪がありました coldsweats01

こちらは雪景色の見晴台.標高769m.

130216_2

 

見晴台〜阿夫利大社下社間の二重社で見かけた狛犬ならぬ阿の狛龍.

がぉー.

130216_4

 

雪の無い阿夫利大社下社には登山者の姿もちらほら.

この方達は山頂まで登るのかな?

130216_3

 

ここから高取山や先週登った念仏山コースで鶴巻温泉方面へ下山開始.

今回チラリ見の富士山.

130216_5

 

途中から登りと打って変わってポカポカ陽気の中を気持ちよく下山.

初登頂の高取山(標高556m)から,みなとみならいのランドマークタワー.

120216

 

先週登った念仏山(標高357m)からは江の島&うっすら三浦半島.

130216_6

 

日だまりの気持ちの良い雑木林を下り sun

130216_7

 

最後は弘法の里湯@鶴巻温泉でポッカポカ spa

積雪もありましたが,標準コースタイム6時間程の距離を歩いて(走って?)3kg弱体重減りました@温泉後 scissors

満足満足 happy01

130216_8

 

1月は1回キリだった山行.

まだまだ寒い日が続きますが気がつけば日没時間も延びてきました.

低山をメインに山行を再開したいです.

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

里山をまったりハイキング(2013/02/10)

最近,寒かったり雪が降ったりで山行も遠慮がち.

気がつくと直近の山行は1月6日の高尾山〜陣馬山の縦走のみ.

1ヶ月以上も空いてしまいました.

筋力も落ちますし体重も減りません.

ということで,2月は残雪の心配も少なく,筋力も衰えていそうなので標高の低い山のお散歩をすることに.

昨日は,駅から気楽に歩いて行き来できて帰りに温泉に入れる sign03ということで,神奈川県の伊勢原市と秦野市の境にある吾妻山(標高125m)から念仏山(標高357m)の稜線をピストン縦走してきました.

これは稜線上から見た他の山並み.

多分,こんな感じの丘陵を縦走したと思います.

130210

 

麓の日だまりではホトケノザがほんわか咲いていました.

まだまだ寒いですが,春が少しづつ近づいているのでしょう.

130210_2

 

こんな感じの雑木林の中をぬけ,稜線上をハイキング.

130210

 

途中,雲に煙る富士山をチラ見.

130210_5

 

今日の最高峰は,こちら念仏山(標高357m).

低山ハイキングもなかなか楽しいですね.

ここで小休止して来た道を走って戻りました.

130210_4

 

最後は勿論,温泉 spa

行きつけの弘法の里湯でチャップリ.

シ・ア・ワ・セ.

130210_6

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

まったり日曜日(2013/02/03)

今日は山に行くつもりが・・・ sleepy

寝坊しちゃいましたぁ〜〜〜 happy02

ということで急遽まったり日曜日に変更 recycle

行きつけの弘法の里湯温泉@小田急線鶴巻温泉駅近くに行って参りました spa

130203

今日は1時間半ほど,まったりユックリ温泉に浸かりぽっかぽか happy01

山グッズ温泉セットが大活躍 shine

丁度お昼時だったので弘法の里湯に併設のそば処鶴寿庵で昼食にしました noodle

このおそば屋さんは以前も紹介した美味しいお店.

テーブル席が満席だったので囲炉裏端に着席.

130203_2

今日は,とろろせいろ980円にしました.

とろろに,そばつゆを入れて,つるっつる delicious

おいし〜〜〜 happy02

あっsign03という間に完食です good

130203_3

時間一杯までいて車中の人に train

今日はパソコンを持たず電車の中で読書三昧 book

以前紹介したにゃんこの布製ブックカバーが大活躍.

満腹&ポッカポカで途中気持ちよくなって寝ちゃいました bleah

130203_4

横浜駅へ出てお買い物.

疲れたので行きつけの喫茶店で一服&読書 cafe

極楽極楽 catface

130203_5

まったり充実した一日でした heart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月31日 (木)

滝子山に登ってきました その7 (2012/10/13)

前回の続きです.

登山道を下ってくると小さな広場のような所に出ました(12:25).

これが山と高原地図 24.大菩薩嶺2012の冊子にある「明るく開けた広場のようなところ」のようで,記述通りここで沢から離れました.

121013

 

ここから未舗装の林道を下ります.

121013_2

 

ふとみると道の傍らにキノコ.

121013_3

 

人家が見えてきました(12:33).

121013_4

 

人家の所にT字路があり登山口らしい道標がありました(12:33).

121013_5

 

未舗装道から舗装道に変わる辺りにあった滝子山自然保存地区の案内板(12:36).

前回記事の檜平にあった案内板の立派で詳しい版のようなもの.

121013_6

 

その先には前々回に鎮西ヶ池の所で先取りして載せた看板がありました(12:39).

笹子駅側の登山口には,こういった看板類はありませんでした.

滝子山登山は初狩駅からが表玄関なのかもしれませんね.

121013_7

 

その先には神社(12:40).

このあたりが藤沢というようです.

121013_8

 

何とお読みするか判りませんが,子神社だそうです.

121013_9

 

せっかくなので本日の無事な下山への感謝と帰宅までの安全をお祈りしました.

拝殿から振り返ると景色が遠望出来ました.

121013_10

 

同じ場所からのアップ.

上の写真では上手く写っていませんが拝殿付近から富士山が見えるようになっていました.

神様も毎日富士山が見えて良いですね.

121013_11

 

境内には殿平への道標.

121013_12

 

このあたりから本格的に家並みが出てきて、家の間を下っていきます(12:47).

121013_13

 

所々に道標が有り迷わずに済みます.

121013_14

 

別の道標(12:55).

121013_15

 

上の道標付近から通過してきた中央高速の高架と笹子川の橋を望みます.

初狩駅から来ると,ここから登山口へ向かうことになります.

121013_16

 

この時は山名が判りませんでしたが,12月に登山した高川山を見ながら駅へと向かいます(12:56).

1210131256

 

信号を左折(12:58).

良く見ると信号機の下に初狩駅の道標がありました.

121013_17

 

ボケボケですが藤沢入口という交差点です.

121013_18

 

13:03,無事初狩駅に到着.

121013_19

 

構内から仰ぎ見た滝子山と思う山.

良く登ってきたなぁと感じます.

121013_20

 

その後,中央線の藤野駅で途中下車し,無料バスで温泉に向かいます.

121013_21

 

13:55,東尾垂の湯に到着.

今日もユックリ温泉につかって汗と疲れをとることが出来ました.

極楽極楽.

121013_22

 

全行程の区間成績は以下の通り.

 オールブルーで標準コースタイムをクリア.

 今回,余りの混雑から高尾山山頂以降は観光モードとしましたので,縦走区間を陣馬高原下バス停から高尾山山頂までとしました.

 変更後の標準コースタイムで全行程6時間45分のところ,4時間55分で走破(休憩時間を除く).一応,標準コースタイムより1時間50分ほど短縮出来ました.全体にユックリペースで歩いた感じがありますが,まずまずのペースだったようです.

 7:09に笹子駅から登山を開始して13:03に初狩駅に着きましたので,所要登山時間は5時間54分.差し引き59分ほど休憩タイムを 取ったことになります.

 笹子駅から登山口までのアプローチが1時間20分と長いですが,人も少なく,滝があったり変化もあり,山頂からの富士山も綺麗で良い山と思います.新緑か紅葉の季節に来たらステキだと思いますが,良い時期は混むかもしれませんね.今回は途中で道をロストし迷いましたが,次回は迷わず登りたいです.そして都合が付けば笹子駅に近い笹一醸造の酒遊館によってお酒も買いたいところです.

JR笹子駅ー(15分/20分)→国道20号線沿い吉久保入口バス停ー(39分/1時間)→道証地蔵ー(1時間14分/1時間25分)→二つ目の曲り沢峠への分岐ー(30分/45分)→大谷ヶ丸方面とのY字分岐ー(11分/15分)→鎮西ヶ池北側のT字路分岐(7分休憩)ー(15分/20分)→滝子山山頂(25分休憩)ー(22分/35分)→檜平(5分休憩)ー(30分/50分)→水 手洗い用(最後の水場)(6分休憩)ー(36分/50分)→藤沢子神社ー(23分/25分)→初狩駅

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧